動いている人はよく見える

どうも、リーダーです。少しずつですが、スクワットで膝が深く曲げられるようになってきました。筋トレの効果です。目に見えて効果が出てくるとモチベーションあがりますね。

コートの上では周辺視野で周りを見ているということもあって、素早く動いている人のほうが目に止まりやすいです。走っている人は見えやすく、止まっている人は見えにくいんです。だからよく走る人はパスをもらいやすいはず。よく走るみっちとかはたくさんパスをもらってるんじゃないでしょうか。わからんけど。

じゃあパスをもらうためには走ればいい!のですが(これは意識してみると効果が実感できると思います)、少し注意が必要です。走ると味方は自分のことをよく見てくれますが、よく見える分、ディフェンスが近くにいてもパスが出したくなってしまいます。ディフェンスが近くにいるならパスを出さなければいいだけの話ですが、現状ではディフェンスが見えていなくてパスを出してしまう人も少なくないです。走れば自分のほうを見てくれる。だけど自分の動きに意識がとらわれてディフェンスが見えなくなる場合もある。そう思っていたほうがいいです。

パスを出す方としては「走っている人だけにとらわれないようにする」必要があります。走ってる人はよく見えるからパスを出したくなる。そのため走っている人だけにとらわれて、他にもっとフリーの選手がいるのに見えていないことや、すぐ近くにいるディフェンスが見えていないことが多々あります。よくあるのが、カットインする選手と、それについていくディフェンスまでは見えていても、カットインした先にもともといたディフェンス(動いていない人)が見えていなくてパスカットされるパターン。結構ありますよね。

パスを出すほうは「動いている人に意識がとらわれがちになって、止まっている人が見えないことがある」ということを考えながらプレイできると、少しはパスミスが減らせるかもしれません。

タイガのジャンプシュート

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ