コートの上でコミュニケーションが取れているか

どうも、リーダーです。山形に行ったはずのタガが練習に来ました。もう新潟にいるのとなんらかわりありません。毎週土産を買ってきてくれるそうです。しかも「前回の自分を超える」ということで、毎回よりよいおみやげを買ってくるとか。楽しみです。

近頃「コミュニケーションが取れていないプレイ」が多いような気がしています。昔からあったんだろうけど、最近特に気になっているだけかもしれない。でもとにかく気になっている。私は変に速く強い1対1をしようとするよりも、きちんとコミュニケーションを取りながらプレイすることを意識したほうがバスケが上達するんじゃないかと思います。みんなの場合は特に。

もちろん速く強い1対1をするのは非常に重要で、今よりもっとうまくなるために練習中にそういったプレイに挑戦しようとすることは大切です。それはある意味周りを無視した自分勝手なプレイになってしまうこともあるんですが、「挑戦」的な意味合いが強く感じられるプレイならそれは問題はないと思うし、私もよくそういうプレイをしています。

でも「そういうプレイしかできない」のは問題なわけです。

ただ何気なく回しているパスでも、意思疎通がはかれているものとはかれていないものがあります。それはゲーム中のパスだけでなく、ランニングシュートの時のパス、対面シュートの時のパスを見てもはっきりとわかります。本当に愛のあるパスを投げられる人はそう多くありません。コート上での何気ない動きを見ても、周りへの気遣いがある動きとそうでない動きははっきりとわかります。自分がボールをもらうために動く人ばかりで、誰かのために動ける人、自分のために動いてくれた人に報いる動きができる人はそう多くはありません。

「周りの人と通じ合う」ことをもっと意識するといいです。他の味方と通じ合うプレイができた時は、それがどんなに単純なプレイでも、どんなにレベルの低いプレイでも楽しい気持ちが芽生えます。たった一本のパスでも、レシーバーと通じ合えていると気持ちがいいものですよね。バスケットボールの楽しさってのはそこにあると思います。そういうプレイが増えてくると、普段の練習も試合ももっと楽しくなるはずです。

イセのリバウンド

スポンサーリンク

2 Responses to “コートの上でコミュニケーションが取れているか”

  1. 山形!空飛ぶ冷蔵庫たが より:

    ホーネットの練習!
    パスミスが目立ちました、
    ポロポロポロでした。

    チャンスをパスミスで
    ピンチになったのが見受けられました。

    綺麗な回転のかかったパス
    コントロール
    タイミング
    山形のバスケはパスが上手いです。
    また行きます(^-^)/

  2. リーダー より:

    >タガ
    しっかりピボットしてからパスを出すようにすれば良い!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ