どうせ近くを通るならスクリーン

どうも、リーダーです。少し前の練習で思いました。どうせ私の近くを通って行くんならスクリーンをかけていけと。だけどボールしか見てなくて、自分がボールをもらうことで頭がいっぱいで、自分の近くにいるディフェンスが見えていないんです。だからスクリーンをかけることができないんです。仮にそこでボールがもらえたとしても、私のディフェンスが近くにいるので何もできないんですよ。挟まれてピンチになるだけです。

貰う前にスクリーンをかければいいんです。私のディフェンスにスクリーンをかけてくれれば、少なくとも私はその場からいなくなります。その分スペースがあいて楽にボールがもらえるんです。ディフェンスに挟まれる心配もないので、余裕を持って勝負ができます。

フロアバランスをしっかり確認して、近くに人がいるのにそこにボールをもらいにいかないこと(そういう動きをする人は、ハイポストやローポストなどの「場所」を見てはいるが、「人」を見ないで動いていることが多い)。人がいるところに行くのであればスクリーンをかけてその人を動かすこと。自分がボールをもらいたい場合も、先に味方にボールをもらわせる動き(スクリーンをかけるなど)をして、その後ボールを貰う動きをすること。

自分が直接ボールをもらおうとして動いても試合ではうまくいかないことが多いですよね。先に味方にボールをもらってもらい(もらうような動きをしてもらい)、そこを経由して(そこをおとりにして)自分がボールをもらうようにしたほうがうまくいくはずです。試してみてほしいです。

OTKさんのバンザイ

スポンサーリンク

3 Responses to “どうせ近くを通るならスクリーン”

  1. WARA より:

    本当にそう思います。切実に…
    ボールしか見てない人ばっかりや…
    そういう人はボールばっかり見て動画みてない…

  2. HISA より:

    おいらもボールしか見てない!

    近くに行ってるのに、スクリーン忘れてる、、、、、、

    猿でも反省、、、、、、、、

    追伸 ブログの定期更新を復活希望です!!!!

  3. リーダー より:

    >WARAさん
    たぶん自覚できていないんですよね。
    自分が「見れていない」と思っていないし、
    「周りを見る」っていうのがどういうことなのかも
    わかっていないような感じ。
    わかるまで言い続けていくしかないですね。
    自覚出来れば少しずつよくなっていくと思います。
    練習動画は・・なんとしても時間を作って見てほしいです。

    >HISAさん
    HISAさんだけじゃないんですが、
    みんなもう少し「周りに合わせる」という感じで動けると
    いいんですけどね。
    他の選手の動きに合わせてフロアバランスを整えるように動くと。
    そういう動きができるようになればスクリーンのタイミングとかも
    わかるような気がします。
    更新は・・できるだけします!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ