周りを見る前に見なければいけないところ

どうも、リーダーです。最近よく言っています。

「まずは自分!」

ボールを持った時にパスしか狙っていないことが多く、そういう状態(ディフェンスがパスがくるとわかっている状態)でパスを出したとしても今現在のみんなの技量ではズレが作れません。そういうパスがターンオーバーになることも多いですよね(というかターンオーバーのほとんどはこういうパスだ)。

「周りを見なければいけない」のはそうですが、周りを見る前にまずはリングのほうを向いてみてはどうでしょうか。攻めてきそうな感じがするからディフェンスは崩されるんです。攻めてこないことが悟られたら、せっかくいい位置にパスを出してもディフェンスがひきつけられていない分ズレは小さくなるので、思うように攻めることができません。

自分が攻めることで点が取れるのが大前提です。どんなプレイでもかまわないので、自分が得意なプレイをしかけて点が取れるということが大事(オフェンスが有利なはずなので、これはできなければいけない)。これができないとディフェンスにかなり楽をさせることになります。ディフェンスで楽させるとオフェンスが強烈になって、こちらがディフェンスしづらくなります。仮に自分の力だけで得点できないとしても、攻めるフリだけでもしなければディフェンスに楽させてしまいますね。

自分で攻めれば点が取れる。でもパスしたらもっと簡単に点が取れる。だからパスをするんです。まずは自分。パスを受けたらすぐリングを見ましょう。ミニバスで習いましたよね。次から意識してみてください。

※実際には視線をリングに向けなくても、リング方向への意識を強めるだけで良い場合もあります。また、一見みていないようでリング方向を強烈に攻めている場合もある。リング方向への意識が無いままサイド(逆サイド)のあたりを見ているのは問題だよってことです。あくまで標的は「リング」なんですから。

昆虫シュート

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ