これじゃかからない!上手なスクリーンのかけ方とは

今日は一人新しい人が来てくれました。残念ながら初日から指を痛めて、さらに捻挫までしてしまいましたが(笑)これからもしばらく来てくれるそうなので、みんなであだ名を考えよう!動き方が上手い人の動きだから、学ぶところもいろいろあると思うよ。

スポンサーリンク

スクリーン

昨日のワンシーン。まもさんがスクリーンにきているのに、このあと峠は右にパスを出してしまった。確かにこの場面は、画像にうつっているとおり外に開いている人がいるから、パスを出したくなる気持ちもわかる。でもたぶん、まもさんとまもさんのディフェンスの体が全くブレていないところを見ると、結構長い時間スクリーンの格好をしていたのではないだろうか。それだけ長い時間スクリーンをかけようとしているのなら、使ってあげたほうがいいのかなという気になる。

味方のプレーに報いるっていう視点でも、スクリーンを使ってあげたほうがいい気がするし、まもさんがいるところから自分がいなくなるっていう視点でも、使ってあげたほうがいい気がする。この場面は、誰かがその場からいなくなってスペースを広く使えるようにしたほうが良さそうだよね。

スポンサーリンク

あとはまもさんのスクリーンの姿勢だね。悪くはないというか、どちらかと言ったら正しいスクリーンなんだけど、できればスクリーンをかけるときは積極的に体を接触させていくくらいの気持ちでいきたい。スクリーンをかける相手との間にスペースを開けて、相手が動いてきたら受け止めるようにかけるのではなくて、はじめから接触を試みるというか、先にこちらから働きかけるという感じ。相手の背中のほうからかける場合はこの写真みたいな感じでいいけど、見えてる場所でこれをやってもなかなかかからないからね。この場面は完全にディフェンスにスクリーンが見えてるから、もっと体を寄せておいてもよかったね。

誤解をおそれずに言うと、スクリーンは「押さないとかからない」っていう側面がある。押したらもちろんファウルだし、動きながらひっかけてもファウル。止まっていることが最低条件。でも接触した状態で、こちらからディフェンスに働きかけることをしないとなかなかかからない。接触の衝撃に耐えるために、ちょっと力を込める感じで。そうすると、相手の動きを制限することができる。

うちはセンターの経験がある人間がいないからか、こういう「接触」部分のノウハウというか、相手とのかけひきが上手にできない。たぶんたくさん練習しないとできるようにならないと思うから、積極的に接触を求めていくプレーをするようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ