意識のつながり

日曜の練習で、峠の「ディフェンス戻って!」という声に対して、私が「ディフェンスが悪いんじゃなくてオフェンスが悪いんだって!」と言った場面があった。ディフェンスは戻らないのではない。戻れないのだ。なぜなら、リズムの悪いオフェンスでターンオーバーになったりするからだ。

じょーへパス

パスがうまくまわり、全員が流れにのっている状態でのターンオーバーは戻れる。シュートが外れて相手にリバウンドを取られても、すぐに戻ることができる。全員が流れにのっている、つまり意識がつながっているので、ターンオーバーが発生したときもすぐに対応できる。

しかし、一人がドリブルで攻めてしまってパスが全然まわらない場合。そういうときは意識のつながりが無くなる。そこでターンオーバーになったりよくないタイミングのシュートが外れたりすると戻れない。意識がつながっていないから状況の把握に時間がかかる。意識が離れてしまっているので、目の前に起こっている状況を一歩離れた立ち位置から見てしまって、体が動かなくなる。多くの人に思い当たるふしがあるはず。意識がそこに入り込んでいたら体は動くはずなんだ。

ボールを持っていない選手が「合わせ」の意識がないというのも問題。ボールを持っている選手が「つながり」を意識できないというのも問題。これらが負の相乗効果を発揮している。

あの前後のゲームは周りの選手の状態はお構いなしに、なんとなく流れるようなオフェンスしていたのが気になった。変なタイミングのシュートも多い。いったん待つべきタイミングでシュートをうったり、速攻も1対2の状況なのに無理につっこんだり。周りの選手との意識のつながりなんてまったくない。戻れるわけがない。

あのとき「ドリブルじゃなくてパスで攻めよう」と言ったのは、意識のつながりを作りたかったから。意識が離れてしまって「コートの中にいるのに外から見ているようなバスケ」になるとつまらない。ディフェンスも戻れないし。自分も流れの中の一部になれるから面白い。ディフェンスも戻れる。

スポンサーリンク

2 Responses to “意識のつながり”

  1. のーぶりー より:

    「コートの中にいるのに外から見ているようなバスケ」これよーわかりますわー。

    まるで自分が観客みたいな感じ?
    周りのレベルから劣ってるとね、これ、よー感じます。

    りーだーはん、うまいこといわはりますな。

    いやいや、わしのばやいは自分が下手なだけなんですがね。

    下手だから周りに合わせられんてのも問題ですわ。。

  2. リーダー より:

    >のーぶりーさん

    ですよねー。いいこと言いましたよねー。
    戻れない時ってのを思い出してみてください。
    たいてい観客になってるときなので。

    あとね、もらってすぐにシュートがうてないのもそう。
    すげー気になるんですよ。
    私がパスをしてもドリブルをついてからじゃないと
    シュートがうてないって人が多い。
    見てるから、準備してないからそうなる。
    ドリブルついたらもうシュートうてなくなるんだよね。

    その点、じょーはパスからいきなりシュートがうてる。
    準備してるから。
    じょーとは同じタイミングを狙っているっていう感覚があるよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ