梅小町でのエーハラの悩みの話

どうも、リーダーです。この前久しぶりに練習後梅小町に行ったとき、ワンコイン定食がササミチーズカツ定食だったのでテンションがあがりました。ササミチーズカツが一番好きです。みんなソースをかけて食べていましたが、私は塩で食べます。何もかけなくてもいけます。

梅小町で練習の反省会。エーハラが全然良いプレイができないという話をしました。こいつが入ると一気にボールが回らなくなる、気持ちよくプレイできなくなるっていう人いますよね。この日のエーハラのプレイはまさにそういう感じのプレイでした。

特別なことができる必要はないんです。パスを受けてほしいタイミングでパスを受けるための動きをする。パスを出してほしいタイミングでパスを出す。やってほしいのはこれだけです。ではパスを受けてほしいタイミング、パスを出してほしいタイミングとはいつなのか。エーハラはそれがわからない。

そういうのはボールマンの状態と他の味方の状態、そしてフロアの状況(ディフェンスの状態、スペースの空き具合等)を見ていなければおのずとわかる。いくつか原則があるよね。オフェンスはスペースに向かって動く、オフェンスはディフェンスとは逆の動きをする等。それとフロアの状況を照らしあわせれば、「こうすべき」というプレイが導き出せる。しかしフロアを見ていないからわからない(あと動きの原則もいまいちわかっていない)。遅れてもいいからじっくり見てみればいい。あとは瞬間的にパスを出す技術を磨くこと。ということを教えました。

トマが「イセもいつも怒られているけど何がダメなん?」みたいなことを言っていましたが、イセも同じ。見ていない。最近はようやく見ることができ始めた気がしますが、まだまだです。コンタクトもしていないし。ただあいつの場合はパスが早く出せます。だからいろいろなところを見ようとはしてるよね。見るの遅いけど。

あ、今思いついたんだけど、安易にドリブルをつくことをやめてからイセは周りを見るようになってきたような気がする。エーハラもドリブルをつくことをやめればいいかもしれない。「今日の練習は一回もドリブルつかない!」みたいに極端にやってみるといいかも。ドリブルなしでいいプレイをするためにはどういう動きが必要なのか考えるきっかけにもなるし。

WARAさんとアベッチのルーズボール

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ