バイオレーションにしたほうがいい場合

そういえば家庭崩壊の人が日曜にあるナイスプレーをしていたので紹介しておこう。ちなみに画像は全然関係ないニセムラカワのナイスミート。

ニセムラカワのミート

オフェンスしていて(ディフェンスでもいいけど)、味方が触ったボールが合うとオブバウンズになりそうになったとき、とびついてコートに戻すっていうプレーがあるよね。あれね、やらないほうがいいんだよね。

いや、確実に自分たちのボールにできるんだったらやってもいいけどね。できるかできないかわからないのにそれやって、ターンオーバーになって速攻出されたら意味無いじゃん。意味無いっていうかむしろマイナスなんだよね。とびついた人は絶対戻れないから。だからやらないほうがいい。

日曜のナイスプレーは、ボールにとびついたんだけど、振り返ったときに状況を見て無理だと判断して投げるのをやめてそのままバイオレーションにしたっていうプレー。まぁ判断してたかどうかは定かではないんだけど、そんな感じのプレー。

バイオレーションで相手ボールになっちゃうけど、そのほうがいいんだよね。自分もディフェンスに戻れるから。無理してボールを投げて相手ボールになって、アウトナンバーの速攻になるより全然マシ。

とびつくまではいいよね。そんで空中で振り返ったときに近くに味方がいなければ、無理に投げないでそのまま着地したほうがいい。空中で振り向けないようなとびつき方するんだったら、ジャンプの前に味方が近くにいることを確認してからやったほうがいい。

あと5秒バイオレーションとかも同じだよね。無理にパスしてターンオーバーになるんだったら、そのままバイオレーションにしてしまったほうがいい。

きっと誰一人気づいて無いだろうから書いてみたよ。

スポンサーリンク

2 Responses to “バイオレーションにしたほうがいい場合”

  1. 家庭をまもるひと より:

    お疲れ様でーす。

    判断の結果ですよ。さすがリーダー。

    本来は味方が飛びつくのを感じて、声出してフォローにいってあげる。んでキャッチ。
    そこでチームとしてのナイスプレー成立ですよね。
    つまりチームワーク。

    たとえば1人があたりにいったらダブルチームにいくとか。
    そういうの増えてくるとチームとして強くなりますよねー。

    とりあえずこのHPはお嫁ちゃんには見せないことを心に誓った!

  2. リーダー より:

    >家庭崩壊の人さん

    声出してフォローってのが大事!さすが!いいこと言ってる!

    てことはあの場面は私が声を出してればパスしてたかもしれないってことだな。
    あ、そういう技も使えるってことか。

    >たとえば1人があたりにいったらダブルチームにいくとか。
    >そういうの増えてくるとチームとして強くなりますよねー。

    言わなくてもこういうことができるようにならないとだめですよね。
    それがチームってもんだ。

    >とりあえずこのHPはお嫁ちゃんには見せないことを心に誓った!

    あだ名を考えましょう。みんな、あだ名募集。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ