唯一の正解はない。だけどよりよい動きはある

どうも、リーダーです。前回の続きです。バスケットボールの動き方に「唯一の正解」はないです。ある場面で複数の選択肢があるのは普通だし、その選択肢の中で「正解」「不正解」を決めるのは難しいです。さっきと全く同じような状況でも、違うプレイを選択したほうがいい場合もありますから。

ただ、完全な正誤は決められないとしても、優劣は付けられます。選択肢はいくつもありますが、シュートを決められる確率が高いプレイのほうがいいわけです。そういう意味で「唯一の正解」はないけど、「よりよいプレイ」というものは存在します。

と、いうことを頭に入れて練習動画を見てみてください。いかに自分がアホなプレイをしているかがわかると思います。恥ずかしくなりますよ。なんでここでこうしないんだ!って。合理的でない選択をしている場面が非常に多いです。

練習動画を見ながら「ここでこの動きをしてもなんにもならないな。だったらこのときはこういうプレイをすればよかったな・・」と自分の動きを反省する。そういうことを繰り返しているうちに、自分のプレイに明確な根拠が持てるようになっていきます。「ここがこうだからこう動く」という思考をするようになるからです(「ここがこうだから」の部分が根拠ですね)。

これが動き方を改善するきっかけになります。

続く。

接触するじょーとヤマザキ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ