シュートが外れていたら意味が無い

どうも、リーダーです。日報杯でのできごと。あんまりよく覚えてないけど、ディフェンスをなかなか崩せずにいる中で、たまたま良い感じのオフェンスができたときがあったんです。だけどシュートが外れたんです。

それを見たベンチのメンバーは「(いい形が作れたから)いいよいいよ」みたいに言ってて、私は「いやシュート外してたら良くねーだろ」ってつっこんだ、という場面がありました。

普段の練習でもよく見かける光景です。パスが回って良い感じでオフェンスができたときなんかにシュートが外れると、「形はいいよ」みたいに言われることが多い。私も言うことがあるし、他の人もよく言ってると思います。

でも、いいわけないんですよね。シュートが外れてるんだから。確かに「過程」に目を向けることは大切だけど、結果がダメだったらどんなにいい過程だろうが意味が無いんです。大事なので二回言いますけど、どんなにいい過程を作れたとしても、最後のシュートが外れていたら、その過程には意味がなくなってしまうんです。

シュートの成功率については普段の練習から、もっと厳しく追求していかないといけない部分です。こういうところも「得点力不足」につながってるんじゃないかなと思いました。

試合の様子

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ