次のプレーのイメージ

次のプレーをイメージできていないからプレーがつながらないし、パスが回らないんだと思う。だから結局1対1になってしまう。例えばローポストにボールを入れた時も、入れて終わりなんだよね。次が無い。ローポストでボールを持った人も持って終わりなんだよね。

ローポストにボールを入れてから次どうしようって考える。ローポストでボールを持ってから次どうしようって考える。それだとダメなんですよ。予め次のプレーのイメージを持っておかないといけない。そうじゃないと良いプレーはできない。

「ローポストにボールを入れる」というプレーは、次に起こるプレーのためのプレーである必要があると思います。ローポストにパスを入れるのも、次のプレーのためのプレーでなければいけない。チームで攻めて得点を取るためには、その「次」が考えられるかどうかが大切で、現状ではそれができているとは言えない。得点力不足はこういうところにも原因があるように思います。

チノドライブ

ボールを持ってから次を考えるのではなくて、ボールを持つ前から次をイメージしておく。パスを出してから次を考えるのではなくて、パスを出す前から次をイメージしておく。それができるようになりたいですね。そういうプレーができるようになってくれば、オフェンスしてても疲れにくくなるんじゃないでしょうか。行き当たりばったりで反応的に動くと疲れるけど、何か狙いがあって予測的に動いていれば疲れが軽減するはず。スタミナ不足っていう問題解決にも、一役かいそうな気がします。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ