うまさが足りない

得点力不足。これがチームの深刻な課題です。とにかく点が取れません。相手がゾーンでゾーンの攻め方をよくわかっていなかったというのもあるかもしれないけど、マンツーでも同じだよきっと。やっぱり個人の技術の問題として捉えたほうがいいような気がする。一選手として「うまさ」が足りないと。

先日の練習試合は、ゾーンの攻め方うんぬんを考えなくても、いくらでもやり方はあったと思うんだ。攻め方がわかってたらもっと楽に攻められただろうけど(ゾーンの攻め方についてはWARAさんに教えてもらったやつを練習しましょう)。コートの外から見ているときに思ったのは、「アドバンテージを感じるところがない」ということ。「ここならディフェンスを出し抜いてくれる」と思える選手があまりいなかった。ディフェンスを出し抜けないんだからゾーンが崩れるわけもない。

あとはやっぱりミスかな。多いだけじゃなくて、自滅のミスばっかり。勝手に動いて勝手に止まれなくなって勝手にミス(変なパス)して相手ボール。そんなのばっかじゃないか?そういう感じだと「わざとボールを持たせて攻めさせる」なんていう屈辱的なディフェンスをされることになるんだ。「こいつはどうせちょっとプレッシャーかければミスるから、わざと持たせて攻めさせよう」って。悔しすぎるでしょ、そういうのは。

今すぐには改善できないことかもしれない。でも、絶対にどうにかしなきゃいけない。

シュートの構え

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ