S2リーグの助っ人へ行ってきた話

どうも、リーダーです。この間の日曜日は午後からS2リーグ(プレーオフ)の試合の助っ人に行ってきました。そこで気がついたことというか、思ったことがあったのでメモっておきたいと思います。

1試合目。ガード、センター、フォワードとバランス良く選手が揃っていたので、私は外で中のプレーを見ている場面が多かったです。この試合で思ったのは、「シューターにとってパスを供給してくれる人がいるというのはとても重要」だということ。この試合は一緒にやっていた選手がうまくディフェンスを引きつけて私にパスを回してくれたため、非常に気持ちよく外からシュートをうつことができました。S2というレベルだからできたという部分もあるんですが、自分の力でディフェンスを振りきらなくても、他の選手が引きつけてくれて、あまり移動せずにその場で立っているだけで良いタイミングでボールがもらえ、シュートがうてる。ホーネットではあまり感じられない感覚でした。

あまり動かずにその場でボールをキャッチし、そのままシュートをうてる。そういうパスがシューターにとってはもっとも良いパスになります。そういうことをするためには、「自分に引きつけてパス」ということができなければいけないけど、それができる人はあまりいないなと思います。

2試合目。この試合は1試合目にはいたガードの選手がいなくなったため、私がガードをやることになりました。この試合で思ったのは「攻めどころがないとガードは困りまくる」ということです。この試合は積極的に攻めてディフェンスを崩せる選手がいませんでした。私がそういう役割をすればよかったんですが、ガードっぽいプレーのできる選手がいなかったため、あまりボールが回らず。私がボール運びに絡まないときなどは、ボールに触れることなくターンオーバーになることも多かったため、結局私がガードをやる感じになりました。

しかし、攻めどころがなくてなかなかオフェンスが組み立てられない。オフェンス時のアドバンテージがほとんどないという感じでした。コントロールしようにも、どこでどうやって攻めたらいいのか思いつかない。そんな状況でした。どこにパスを出せばいいかわからない、得点が期待できる選手がいるというのは非常に重要なんだなと実感しました。

と、そんなことに気づいた2試合でした。

スクープショット

スポンサーリンク

2 Responses to “S2リーグの助っ人へ行ってきた話”

  1. ありき より:

    2試合目のことはすごく共感できました。

    『出しどころがない。』『攻め手がない。』というのはホントに困ります。
    それで焦って狙い過ぎてターンオーバーっていうのが続くとホントにヤキモキします。
    ボールだけでも回ってれば、まだ違う気がします。

    『得点が期待できる人』=『LDさんのような人』
    がいると狙い所があって、いいイメージで組立てられますよね。

    いま、( ̄ー ̄)ニヤリッってしました?
    LDさん仕込みのMコンです♪

    おれも『書籍化』で
    『コノヤロー!!!』
    って思わされた1人なので( ̄▼ ̄|||)

    • リーダー より:

      ボールを任せられる場所があるとガードは楽ですよね。
      あとは味方が「攻めどころはここだ」という
      共通意識を持っていることも大切だなと思いました。
      そういうことが考えられずに「自分が活躍したい!」
      になっちゃうとおかしなオフェンスになりますね。

      ありきさんのMコン・・・まだまだですね(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ