もうちょっと周りに気を使ってプレーしなさい

新潟バスケ界一の爽やかオーラをまとっているNO.NINEのMASAさんが、先週から練習に参加してくれています。赤外線で携帯番号を交換しましたが、さわやかオーラがすごすぎて送られていた登録名の左右にキラキラの絵文字が出ていました(笑)

あのさわやかオーラとエネルギッシュなプレーからは学べるところは多いはずです。3月いっぱい練習に参加してくれるということなので、いろいろ盗ませてもらいましょう!

では本題。今日は「もうちょっと周りに気を使ってプレーしろ」という話です。

MASAさんジャンプシュート

先週の火曜の練習はMASAさんが初めて練習に参加したわけです。私は初めて練習に来てくれた人にはね、積極的にパスを回そうと意識するんです。楽しくプレーしてもらいたいし、そのほうが自分も楽しくなるから。ボールに触れないのが一番面白くないんだよね。だからMASAさんにもちょっとしたところでパス交換したりして、できるだけたくさんボールに触れてもらうようにしていました。

これは変に気を使って無駄にパスを回すということではなく、あくまで試合の流れの中でパスを回すってことですよ。流れを崩してまでパスを回すということじゃない。その流れの中にその人が入れるように、そういうタイミングでパスを回すってことです。

でも、他の人はどうかなって考えてみると・・・

陸さんやワラさんが練習に参加するようになったばかりの頃もそうでした。私が一緒のチームになれたときはいいんですよ。パス回せるからね。でも別のチームになったときは、一気にボールに触れる頻度が少なくなってるんです。なんか「ゲームに入り込めていない」感じになる。他の人が勝手にプレーしているのを後ろから見ているみたいな、そんな感じになる。

これわかるでしょ!?OTKさん。

よそのチームの練習に参加するわけです。ただでさえ入り込みにくいんです。その上うちの連中が入り込みにくいようなプレーをしたらどうなるんですか。たぶん最高につまらなくなりますよ。ただ走っているだけみたいな。そういう様子をみるたびに、来てくれてる人に申し訳ない気持ちになります。

イセのミスパス

「ここで自分が攻めたら他の人がオフェンスに参加できないな。ちょっと待とう」とか、「あの人さっきからボール触ってないな。回そう」とか、「自分でも攻められるけどパスを出したらあの人がフリーでうてるな。パスを出そう」とか。

こういうほんのちょっとした気遣いだよ。そういうことができないからモテないんです微妙なプレーになっちゃうんです。考えてみたほうがいいですよ。

スポンサーリンク

2 Responses to “もうちょっと周りに気を使ってプレーしなさい”

  1. OTK より:

    ご指名のようなので・・・

    >他の人が勝手にプレーしているのを後ろから見ているみたいな感じ。
    すごく良く分かります。
    ゲームに入り込めずポツンと浮いてるみたいな感じ・・・
    困ったときだけポンッとパスされても・・・(このうん〇野郎!(゜Д゜))
    と思ってしまいます。とてもつまらないです。

    『オレがオレが!』というプレーばかりだと、
    他の人にも伝染して・・・
    最高につまらない体育のバスケになってしまいます。
    (ボールを持ったらオレの番だ!みたいな)

    >ちょっとした気遣い
    とても大事です。
    気遣いができるということは、
    周りが見えている・チームの状態・プレイヤーの状態を
    把握できていてなおかつ、
    自分のプレーにもつながってくる・・・。
    と思っています。

    目の前のゲームを一生懸命やるのは大事です。素晴らしいことです。
    でも、躍起になるのは違うと思います。
    普段から気遣いを意識して練習していないと、
    必ずそれは本番で表れます。
    するとチームはバラバラ、立て直すこともできず終了・・・。

    どうせなら楽しくやりたいですし、
    試合にも勝ちたいですからね☆
    気遣い・・・意識してみましょう♪(・ω・`)ノ

    • リーダー より:

      さすが、良いコメント残してくれる!
      「ボールを持ったらオレの番」
      ↑この表現が最高すぎます。
      誰もパスしてくれなかったらそうなっちゃいますよね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ