一斉に動くから気持ち良いプレーができない

前回の記事から、カットインの話つながりで。カットインはディフェンスが崩れている状況でおこなうという話をしました。しかしディフェンスが崩れている状況を作り出すためにはカットインが有効だったりします。でもですね、みんな一斉にカットインしたらダメなんですね。今のホーネットではそういう状況が多いです。

いっせいに動くからグチャッとなってしまうんです。お互いにお互いの動きをつぶしあっているわけです。もったいない。動くのはタイミングが重要なんですよ。原則的にはね、ボールに近い人から順番に動くわけです。最初はボールマンが動く(しかける)。このとき他の人は止まってるんですよ。その次の動きに合わせるために。「静」の状態を作るわけです。で、ボールマンがしかけてディフェンスがそっちに意識を向けた瞬間に「動」に切り替える。それでディフェンスを振り切るんです。

でもボールマンがしかけられないときや、ボールマンがしかけずにパスで攻めたほうがいい場面も多いわけです。そのときはボールマンに一番近い人が動きます。それでその人が動くと(いなくなると)その人がいなくなったところにスペースがあくでしょ。これが「ディフェンスが崩れる」第一歩です。(スペースがあく=ディフェンスが崩れている)

開いたスペースには二番目に近い人が移動します。この「二番目に近い」というのは厳密には決められないことが多いので、最初に動いた人(いなくなった人)とは別の人という認識でいればいいと思います。で、その二番目に動いた人がいなくなったところにはスペースがあいているはずです。ここにもディフェンスが崩れる要素があります。そこに他の人が動くわけです。

モップをかけるトマ

という感じで「順番に」動くことが重要なんです。それがですね、みんな一斉に動いて、なんとなく流れるような感じでプレーして、で、結局パスで崩せないから1対1することになって・・というパターンになってしまっている。良くないです。動く順番とか人の動きの流れとか、そういうところも考えてプレーしないとダメですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ