何もできることがなかったら何もしないほうがいい

状況判断の話を書いたので、ついでに。何もできることがなかったら(何をすればいいかわからなかったら)何もしないほうがマシという話です。イセがこの前の練習後「どう動けばいいかわからない」と言っていました。どう動けばいいかわからないときは、動かなければいいです。むしろ「動かないほうが」いいです。

フロアの状況をよく観察すれば、どこに動けばいいかはわかります。スペースがあいているところに向かって動くというのが原則だからです(それに加えてディフェンスの裏を角などの要素も入ってきます)。これはイセでもわかっているはずです。

でも「どう動けばいいかわからない」となるのはなぜか。それは、「スペースがあいていない」からです。つまりディフェンスが崩れていないんです。ディフェンスが崩れてスペースがあいていれば、そこに動けばいいというのがわかります。しかし崩れていない場合はどこに動けばいいかわからないということになるわけです。

これはですね、考えようによっては「状況判断ができている」とも言えるわけです。ディフェンスが崩れていないっていうのがわかってるわけですから。問題なのはそういうときにどうすればいいかわかっていないということですね。

番Bジャンプシュート

そういうときは、カットインするよりもボールを動かしたほうがいいです。カットインしてもいいところにディフェンスがいるわけですから。だからイセは、どこに動けばいいかわからないときは動かずに少しずれてパスを受けるくらいにしておけばいいんです。そしてパスをつないでズレが大きくなるチャンスを狙えばいい(この時のパスはディフェンスの視線を大きく動かすようなパスを狙う)。カットインはそれからでいいです。

ディフェンスの状況が大きく崩れた状態で攻めるのが簡単。そのためには人が動くよりもボールを動かしたほうがいい(ボールのほうが速く移動できるのでディフェンスも崩しやすい)。ということを考えて、プレーすると、またちょっと変わった感じになるかもしれません。

変なタイミングでカットインしたりするとディフェンスが崩せないだけでなくて、パスによってディフェンスが崩れなくもなってしまう。だからそういうときは変に動かないほうがいいです。これが「静」と「動」のメリハリが大事だっていう話につながるんですよ。カットインするのはね、ディフェンスのバランス(配置のバランス)が崩れているときです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ