イセの視野の話

先日の練習試合ではイセの視野の狭さを指摘した。イセは身体能力がかなり高いが、視野の狭さからその能力を十分にいかせていない。あれだけの脚力があるんだから、もっと良いプレーができる(ヤマザキも同じ)。

ボールを持ってから見ているのでは遅い。ボールをキャッチする前に見えているかどうかというのが重要。イセはボールを持ってからパスするところを探しているが、うまい人はボールを持つ前からパスするところを探していて、ボールを持った瞬間にパスを出している。

ヤマザキの傷の様子をみるみんな

OTKさんはボールを持った瞬間にロングパスを出しているが、イセはそういうプレーをした試しがない。キャッチの前に見えていないから簡単なパスの交換もできないんだよな。そんで振り返ったときにたまたま見えたようなところにパスを出してカットされてしまったり。

ヤマザキの傷の様子をみるみんな2

しかし本人も「周りを見ることができていない」ということが少しずつ自覚(実感)できてきたようだ。周りが見えていないっていうのがどういうことなのか、わかっていない(実感できない)人も多い。そこを自覚することが改善の第一歩。そうすぐにはできるようにならない。時間はかかるだろう。少しずつ改善していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ