動き方の指摘その1 動き方の指導

一緒に出るメンバーによって、プレーしやすかったりプレーしにくかったり。そういうのってやっぱりあるんです。動いてほしいタイミングで動いてほしい位置に動いてくれるかどうか。そういうのですね。お互いにそういうのが共有できると、気持ちのいいバスケットができるわけです。

でも、そういうプレーができないからと言って、他の人が思い通りに動かないことに文句を言うだけだったり、誰もが納得できる根拠を示しもせずに「こう動いたほうがいい」などと言ってもそれはただのワガママになってしまいます。そうならないために、「こう動いたほうがいい」ということを言う場合は、そう言える「明確な根拠」と共に「具体的な動き」を示さなければいけない(これはひじょーにむずい)。

トマの審判

個人の技量が向上すれば自然とわかってくる部分もあるんですが、人によってわかるようになる場合もあればわからないままということもあります。実際わからない人はずっとわからないままであることが多いような気がします。しかし、それだとまずいわけです。チームが強くならない。

だからやっぱり指摘してあげるってことも必要です。何も言わずに気づく人もいるけど、そういう人は少ないですから。最近は、練習中にも少しずつ指摘するようにしています。最近指摘するようにしているというか、最近ようやく言葉による説明ができるようになってきたという感じですけど。

なんだか文章にまとまりがないですが、そんなわけで次の更新から数回にわたって、動き方について指摘した記事を更新していきます。先日の練習試合で気になった動きをピックアップして解説してみました。

この動きが駄目だと指摘するだけではなく、動きを具体的にイメージしやすいよう、こう動けばいい、こういう流れでボールを動かす、という書き方をしました。かなり長いですが、ぜひ時間を作ってじっくりと、メンバー専用ページの動画と見比べながら読んでほしいです。

説明を読んだとしてもすぐに動き方が改善されるわけではないですが、少しでも動きのイメージが増えたらいいなと思っています。ぜひとも、頭の中で実際に自分が動いている様子を想像しながら読んで下さい。

では、本日お昼ごろの更新をお待ちください。終わるまで2、3日、朝、昼、夜の3回更新の予定です。

スポンサーリンク

2 Responses to “動き方の指摘その1 動き方の指導”

  1. HISA より:

    わーい\(^-^)/

    動き方と考え方の

    勉強!

    勉強!

    楽しみです>^_^<

    最近、火曜日練習に行けないなぁ〜

    (T_T)

    練習に行けない分、

    朝昼晩とHPを覗いています(^_^;)

    • リーダー より:

      イメトレでも練習の効果ありますからね。
      練習できないときはイメトレあるのみです!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ