スクリーンしたいけどいなくなっちゃう

日曜の練習では、コメントしてくれたとおりKenTがスクリーンを意識したプレイをしようとしていた。しかし残念ながらうまくいかず。なぜなら、スクリーンをかけられるほうの動きがうんこだったからだ。きっと彼ははがゆい想いをしていただろう。私にもその気持ちがよくわかる。

日曜の練習でもそうだったけど、だいたいは「スクリーンをかけようとして動いたけどかける前に相手がいなくなる」とか「かけきるまえに動き出してしまう」というのが多い。動くのが早すぎてひっかかるものもひっかからない。

場所を交換するときなんかに特に感じる。例えば私がトップから右45度の位置にパスを出し、逆サイドの45度(左45度)に移動する。左45度の位置にいたトマはトップに移動する。場所の交換。このとき、私が左45度に行ってそこでスクリーンをかけ、それからトマはトップに行くようにすればいい。そうすれば、私が左45度の位置に行った瞬間に逆サイドから見たらスペースが最も大きくなる瞬間ができる。一瞬でもこういう大きなスペースをあけるということはディフェンスを崩すことにつながるし、かりに私がトマにかけたスクリーンが引っかからなくても、スペースが広いからボールを貰うための動きがしやすくなる(スペースで加速できる)。

でも、たいていはトマは私が左45度に行き切る前にトップの方向に動き出してしまう。まだ中途半端な位置にいるのに動き出してしまうから、スペースはずっと埋まったままだ。当然スクリーンもひっかからない。そういうときのスクリナーはターンしてひっかけようとしてしまう。当然オフェンスファウルだ。

極端なことを言うと、スクリーンが来るまでその場から動かなくてもいいんだよね。他の人が完全に自分のところに来てから動き出すようにすれば、スペースをもっとも有効に使うことができる。スクリーンにも引っかかりやすくなる。以前も書いたような気がするけど、「ステイ」の意識だよね。みんなボールをもらうことに必死になりすぎて(ホント必死になりすぎ)、人と人との絡みがないんだよね。次の練習ではこういうことを気をつけてみるといいかもしれないですよ。

スクリーンがかかるのを待つKenT

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ