「間」の意識 その2

もう一つの間。「間(あいだ)」を意識しなければいけない。人と人との距離とか、中と外の距離とか。何回も言ってるけど中途半端な位置でプレーしている人が多すぎるんですよ。スリーポイントラインとペイントエリアの中間の位置とか。そこに立ってしまうとさ、ポストのポジションもスリーポイントのポジションもどっちもつぶれちゃう(使えなくなる)んですよ。他の人がプレーする場所を自分の動きのせいでつぶしてしまってるという自覚を持ったほうがいいね。

そこでフィニッシュ(シュート)するなら別にいいけど、そこでボールをもらってからなんとかしようと思ったって何もできないことが多い。1対1やるにしてもリングまでの距離が短いから攻めるの難しいし。開くなら開く。入るなら入る。メリハリをつけないといけないです。動き早い人が多いんだから、外で大きく開いてスペースを開けてから攻めたほうがやりやすいでしょう。

中途半端な位置でプレーすることが多い人は中途半端な位置にパスを出すことも多い。まだ味方が外に出てしまわないのに途中でパスを出してしまったり。中のいいポジションに入り切らないのにパスを出してしまったり。

そういうのはだいたいがレシーバーの状態を考えていない一方的なパスになることが多い。レシーバーはそんな位置で(そんなタイミングで)パスが来るとは思っていないから、準備できてないところにいきなり速いパスがきたりして、ミスになってしまう。

動きだけではなくて、パスを出す位置も確認したほうがいいです。完全に外に開いてしまってから、または中に入ってしまってからパスを出すようにする。メリハリをつけましょう。練習の相手ならそれで問題なくプレーできていても、デカイ人相手だとスペースがつぶれて攻められなくなるからね。

イズミのおみやげの比内地鶏パイ。みんなで美味しくいただきました。
比内地鶏パイ

スポンサーリンク

2 Responses to “「間」の意識 その2”

  1. HISA より:

    今回のテーマ

    『間』

    ま(時間 長くor短く)

    あいだ(距離 遠くor近く)

    2つだけじゃなくて、

    4つの大きな意味がありますね!

    どちらも悪い方に身に覚えがあります(^_^;)

    良い薬を処方してくださ〜いm(__)m

    • リーダー より:

      その4つを使いこなせるようにならないと、よいプレイはできないですね。
      ホント、いきなりできるようになる薬とかあればいいのに(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ