「間」の意識 その1

「間」をもっと意識したほうがいい。「間(ま)」ね。これが全然できてないんですよ。だからつなぎができなかったり、相手と駆け引きができなかったりする。間を作るためにはどうするか。一番簡単なのは「止まる」ってことだよ。動きながらでも間は作れるけど、止まってしまうのが手っ取り早い。

止まらずにダラダラ流れるようにプレーしているからディフェンスが振り切れない。スクリーンもかかんないし。止まればそこに「間」ができる。そこで勝負をするんです。「間」が使えない人はどんなに動きが速くても怖くはないね。

あと特にみんなの「パス」を見ていて「間が無いな」と思います。一瞬止まってからパスを出せば間が作れてフリーになるのに、体が流れてそのまま流れるようにパスを出してしまうから間が作れなくてディフェンスがずれない。

「間」を作って、その「間」を狙ってプレーするというのが少ないんです。ただなんとなく流れるようにプレーしているだけで、相手と駆け引きできてないんですよ。

うまい人はみな間を意識したプレーをしています。スピードに頼らず、駆け引きでプレーしていますよね。間を意識したプレーができるようにならないと一つ上のレベルにはいけないですね。

シュートチェック

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ