ディフェンスがどう動くかを考える

オフェンスのときの動き方がわからないと言う人は多い。そういうことを言う人に共通しているのは、「オフェンスの動きだけしか考えていない」ということだ。もちろんオフェンスの動きを考えることは必要だけど、オフェンスの動きだけを考えていても良い動きをすることはできない(パスをもらえない)。

動き方にはいくつか「決まりごと」がある。その中でも特に重要なのが、「ディフェンスとは逆に動く」「ディフェンスの裏をかく」ということだ。オフェンスはシュートの確率を高めるためにディフェンスのマークを振りきってシュートをうちたい。だから、ディフェンスが動く方向とは逆方向に動き、ノーマークを作りたい。そういう動きが「シュートを決めるために必要な動き」「オフェンスの動き」だ。

自分以外の他のオフェンスも、ディフェンスの裏をかこうとしている(そういうプレーを狙っている)。だからディフェンスの裏をかくように動いていれば、自然とパスももらえるようになる。これが「オフェンスの動きしか考えていない」となるとまた違ってくる。ディフェンスの裏がかけていなければ、たとえセオリー通りの動きをしたとしてもパスはもらえない。ディフェンスがついてきてるからね。

実はディフェンスの動きをよく見ていればどこに動けばよいのかはある程度わかる。ディフェンス(人)がいなくなるところに動く。ディフェンスが見ていないところを狙う。ディフェンスが準備できていないところを攻める。そういうことを考えていけば、自ずと「動き方」の答えは出てくる。

前回「次の動きをイメージすることが大切だ」という記事を書いたが、大切なのはオフェンスの動きだけではなくて、オフェンスがそう動いたときにディフェンスがどう動くかというところまでイメージすることだ。ディフェンスの動きをよく観察していれば、「次の動きのイメージ」へのヒントも得られる。

ディフェンスの動きをよく観察する必要がある。みんな味方の動きばっかり見てるからな。過去に何回か言ってると思うけど、フロアに立ってるときは味方の動きなんてそんなじっくり見なくてもいいんだよね。味方なんだから自分にとって不利な動きはしないんだし(たまにする人もいるけど 笑)。

トマのジャンプシュート

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ