1つ先、2つ先のプレーをイメージして動く

タイミングが遅いと感じることが多い。パスも動きも。なんでタイミングが遅れるのかを考えてみた。その原因はたぶん、次のプレーがイメージできていないからだ。自分が動いた時の次のプレー、自分がパスを受けたときの次のプレー。そういうのがイメージできていないから、その場その場で考えないと動けない。するとタイミングが遅れる。他の人とプレーがつながらない。

あらかじめ頭の中にイメージを持っている状態でプレーできれば、「判断」の時間を短くすることができる。次の動きのいくつかのパターンを用意しておくことですぐにそのプレーができるようになる。

例えば初めから「フリーならシュートをうつ」というイメージを持っていればすぐにシュートがうてるけど、キャッチして前を見たらあいてた、だからシュートをうつでは、プレーに余計な時間がかかってしまう。ディフェンスのシュートチェックが間にあう。そういう「状況にうたされたシュート」は確率も低い。

ボールを持ったときだけではなく、コートの中を動くときにも次のプレーを意識しながら動く。例えば、「自分がこう動いたときはフロアの状況がこうなるから次はこういうプレーが起こる」という感じで考える。自分が逆サイドにきれていけばスペースが入ってくるから誰かがそこに飛び込むか面を取る、みたいな感じ。

こういうことができる人、次のために動くことができる人が多くなると、流れるようなオフェンスが展開できる。1つ先、2つ先のプレーを考えながらオフェンスしないといけない。一緒にやっていて楽しい、パスが気持ちがよく回せると感じる選手は、そういうことができる選手。すぐにはできるようにならないだろうけど、意識して練習してみるといいと思います。

ニセムラカワレイアップ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ