プレーとプレーの間の時間を短くする

例えばキャッチしてからパスする先を探すんじゃなくてキャッチする前から探しておいてキャッチしたらすぐにパスを出すとか。キャッチする前からディフェンスの様子を確認しておいてキャッチしたらすぐドライブをしかけるとか。

ボールを持ってからじっくり相手を見て駆け引きしながら攻める。そんなんは誰だってできるんですよ。大事なのはどんだけ早くそれができるかでしょ。同じプレーでも、そのプレーを終了させるまでの時間が短いほうがいい。それがバスケが「うまい」ってことでしょ。

ボール持ってない時のうごきとかもそう。他の味方がボールを持ってから動き出す場所を探すんじゃなくて、他の味方がボールを持った瞬間にはもうもらう動きをしている感じにしないとさ。そうしないとプレーがつながらない。

ボールを持ったときにその場その場で見て判断してやってるからさ、一つ一つのタイミングが遅いんだよな。ボールを持っていないときに見ておいて、ボールを持った瞬間に動けるようにしておかないとさ。

ボールを持ってから勝負しようとするから、ディフェンスに準備する時間を与えることになって、攻めるのが大変になるんだよな。ディフェンスが準備していないときに攻めるのが一番簡単なんだから、ボールを持ってから攻めるまでの時間は短くしたい。うまい人はそういうオフェンスをしてくるから、あれよあれよという間に点を取られる。

今こういうことができている人は限られている。だからうまくパスが回らない。みんなできるようになりたいね。

ポストプレー

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ