軸足は左にしたほうがいい理由2

前回の記事の続き。

右手でシュートをうつ人は、ボールは右よりの位置(右足側)で保持することが多くなると思います。しかし、右足が軸足だとその位置にボールを保持し続けることができなくなります。

ディフェンスが近寄ってきたとき、左足が軸足なら、右足を後ろに引くだけでボールをディフェンスから遠ざけることができます。ボールの持ち方もすぐにシュートに移行できる持ち方を維持できます。

右足が軸足の場合だと、体を入れてボールを守ろうとしたら左足を前に出さなければいけません。しかしディフェンスが近寄ってきているので左足を出すスペースはない。するとボールを上に持ち上げて体をひねってボールを遠ざけようとしたりするわけです(前回の記事の画像に見られる姿勢)。

体を伸ばしきって、体をひねって。そういう姿勢のバランスが悪いのは言うまでもありません。そういう姿勢からはシュートもドリブルもパスも行うことはできない。こちらが何も出来ないことはディフェンスにばれるので、ますますプレッシャーをかけられる。為す術がなくなってボールを離したくなる。パスできないところにパス。ターンオーバー。

ボールを左手に持ち替えて左足を引いてボールを守るという方法も考えられますが、その場合はシュート動作への移行が難しくなります。左手でシュートをうつなら話は別ですが。

右足が軸足

まだあります。

普通は左足を軸にして右足が自由に動く状態でシュートしたほうがシュートがうちやすいはずです。左足が軸足の状態でシュートを打つ場合、右足を自分に近づけてシュートをうちます。その際にわずかながら左足から右足への重心移動がおこり、それをボールを飛ばすために使うことができます。

しかし初めから右足に乗っている場合、この重心移動が使えません。左足を寄せるにしても、普通に右足よりもやや後ろにつくことになるので、重心の移動が起こるとしても、後→前ではなくて、前→後になってしまいます。前にボールを飛ばしたいのですから、この重心移動は使えません。

左足を前に出すということも考えられますが、それは体がねじれて方向が定まらなくなるので良くないです。結局重心移動を使わずにシュートをうつことになり、ボールが飛びにくい分力んでしまいます。

と、このへんにしておきますが、とにかく軸足は左足にしておいたほうが良いということです。

スポンサーリンク

2 Responses to “軸足は左にしたほうがいい理由2”

  1. NOぶりー@復帰済み より:

    俺が軸足が右足なのはまったくの無意識っすね。

    っていうか、自然とそうなってる。

    っというか、運動をしている結果として気がついたらそうなっていたと言った方がいいのかな?

    軸足と言う概念をあんまり持っていないと言った方がいいかもしれない。
    軸足って回転する時に使う足ってことじゃないのか・・・

    • リーダー より:

      回転するときに使う足が軸足ですよ。それだけじゃないですけど。

      ノーブリーさんだけでなく、他の人ももっと軸足の状態を意識して動かないとダメです。軸足感覚が乏しいとバスケがうまくならない。あえて右足を軸足にしてみるとかも面白いからやってみるといい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ