すれ違い

先日NO.NINEと練習試合をしたときに相手方に強力な助っ人が2人来ていました。そのうちの一人、変態的ジャンプ力の持ち主のマリオに「イセさんをあんまりいじめちゃだめですよ」と言われました。でもあれは私には「もっとイセをいじめた記事を読みたい」という言葉に聞こえたので、またイセをネタに書きたいと思います。ちなみにこれは愛情表現のひとつです。だいたい当の本人はどう考えても喜んでいるし。

マリオジャンプ

「普通に動いているのに速い」という動き。それには自分の体の動かし方だけではなく、相手との駆け引きも重要になってくるなぁと思った。

2つ前の記事でイセの1対1についてちらっと書いた。イセの勢いをつけたドライブは、ドライブする前の重心移動でディフェンスが後ろに下がる準備をする。そこでドライブ。ディフェンスがすでに後ろ向きの力を持っているところに、イセが突っ込む。まぁ速いことには速いけど、反応できないわけではない。

例えば、ジャブステップでドライブする姿勢を見せておいて、出した足を引いてシュートフェイクをする。するとディフェンスはチェックのために前に出てくる。その瞬間にドライブ。この場合は、ディフェンスが前方向の力を持っているところにドライブすることになる。すれ違うから「速い」と感じる。こういう動作なら、「勢い」に頼らずに「速さ」を出すことができる。

うまい人とやるとこういう「速さ」を感じる。ディフェンスやってるとき、一つ一つの動きで逆をつかれて、相手の動きをあとから追いかける感じになる。追いかけ続けてると少しずつズレは大きくなってきて、そのうち、こっちが右に動いているところで相手は左に動くとか、こっちが前に出るところで相手は向かってくるとか、そういう「すれ違い」が起きる。

すれ違ったが最後。相手はもう振り向いてはくれないのです!いや、たまに抜いたあとに振り返る人もいるな(笑)いずれにせよ、相手は別に速く動こうとしなくても、普通に動くだけでこっちを置き去りにしていくわけです。これが「普通に動いているのに速い」動き。こういう動きをするためには「速さ」だけじゃなくて「早さ」も意識しないといけないですね。そうですよね、イセさん。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ