勢いでプレーするとミスになる

勢いをつけた動きでプレーしているとミスにつながりやすい。体が流れて地に足が付いていない状態。地に足がついていない状態でドリブルをついたりパスしようとしたりすると「我慢」ができない。すぐにボールのコントロールを失ってミスになる。

勢いでプレーする人の特徴は、「速く動こうとしている」ということだ。速く動こうとするのはいいんだけど、速く動くとストップが出来なくなるということも考えたほうがいい。

速く動いていいのはストップしなくていいときだけだ。ヘルプディフェンスがいない状態で、目の前のディフェンスを一瞬で置き去りにしてレイアップするときとか。そういう時だったら速く動こうとしてもいい。そんな場面はほとんどないけど。奥にディフェンスがいっぱいいるのに速く動こうとしていると、たいていターンオーバーになる。止まれなくて、バランスが崩れている状態で囲まれて終わりだ。

ミスって落ち込んでいる

イセなんかと1対1をすると、勢いでプレーしているというのがよくわかる。あいつは思い切り抜きに来るときにドリブルをつきながらユラッと重心を前に傾ける。そしてドライブ。確かにスピードは速い。重心移動で勢いをつけてドライブしているからね。でも体が移動する前に重心移動が先に起こっているから方向がバレバレだ。簡単に止められる。あれをフェイクにつかうなら有効だな。

ミスしないプレーをするために必要なのは「速く動くこと」ではなくて、「鋭く止まること」だと思う。レイアップのステップとか、流れるようにステップしてるけどさ。そうじゃなくて一歩一歩止まる感じにするとかさ。今度ランニングシュートのときじょーのレイアップステップ見てみ。そうなってるから。

ドリブルついてるときもさ、流れるようにドリブルをついていくだけじゃなくて、一回つくごとに止まれる、またはチェンジできるようにつくとかさ。ドライブもそうだよ。勢いつけて抜くんじゃなくて、抜いた一歩目で止まれるように抜くんだよ。

人がたくさんいる時ほど、「止まること」を意識してプレーしなきゃいけない。車の運転と一緒。道路脇を人がたくさん歩いていたらいつでも止まれるようにゆっくり運転するでしょう。同じことをコートの中でやればいい。

動くためには重心移動が必須だけど、その重心移動をコントロールできないといけないんだよね。コントロールできないほどお動きをしてしまうと「勢いでプレーする」ということになる。感覚としては、勢いにまかせて重心をほうりなげて、それに体がついていっているような感じ。そうなるとダメなんだよ。自分がコントロールできる範囲でやらなきゃいけない。

勢いに頼らない動きができるようになったら一気にうまくなると思う。ワタシもずっと勢いに頼った動きをしていた。今でもまだ勢いで動いてしまうことがあるけど、前に比べたらだいぶ少なくなって、今になってようやく「確実なプレーをする」ということがどういうことなのかわかった。安定感のあるプレーができないと、なかなかプレータイムを伸ばせないね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ