中途半端な位置なら即攻める

最近、中から外に出るような動きをしているのに外に出てしまわずに、スリーポイントラインとペイントエリアの中間くらいの中途半端な位置でボールをもらおうとする動きに対して「位置取りが中途半端だ」と指摘することが多い。

そこでボールを持って動きを止められると、他の選手が動きに困る。中で面を取るわけにもいかないし、外でパスを待つわけにもいかない。そうするとアイソレーションの形を作るしかなくなるけど、それでチャンスを作り出せるかといったらそうでもない(それだけの能力がない)。だから出るなら外まで出てしまったほうがいい。

トマの中途半端な位置取り

絶対に中途半端な位置でもらってはいけないというわけではない。中途半端な位置にスペースが空くことも多いから。でも他の選手が動くためのスペースのことを考えたら、そこでボールを持って止まらないほうが良い。中途半端な位置でボールを持つなら、ミートして即シュートをうつか、すぐに攻めるアクションを起こさないといけないと思う。それかすぐ下がって広げるか。

一番良くないのは、その場でボールを保持し続けることだ。その位置でまわりをキョロキョロ見回しても、パスするところなんかない。誰も動かない。だって周りの選手はどう動けばいいのかわからなくなってるんだから。

コートを広く使う。出たり入ったりを大きくする。「広げる」っていう意識かな。自分がいなくなったところにはスペースがあくんだから、自分の動きでスペースをコントロールして、他の選手が中に入ってこれる場面を作ったりしないと。そういうのができるようになったら、ひとつ上の男になれると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ