どう動けばいいかわからない理由

昨日の練習で日焼けしたべんぞうさんが「どうすればいいかわかんねー」とボソッと言っていたのを私は聞き逃しませんでした(笑)今日は「どう動けばいいかわからない」「何をすればいいかわからない」ってことについて書きます。

べんぞうさんの場合は「動き方がわからない」のではありません。レベルの高いプレーもたくさん見てきているし、経験年数も長いから、動き方は知っているんです。それなのに「どうすればいいのかわからなくなる」のは、「周りのリズムについていけていない」ってことだと思います。

自分の中にあるプレーのリズムが、周りの選手のリズムよりも遅いんです。自分のリズムよりも早いテンポで展開がどんどん変わっていって、それについていけていないんです。頭が追いついていない上に体もついていっていない。合わせて動くことができない。どうすればいいかわからない。私も長らくそういう感じでバスケをしていたのでよくわかります。

そういうときっていうのは、そのリズムに無理についていこうとしないことが大事です。今の状態で全部追いかけると全部遅れます。だから「捨てる」んです。一つ前のプレーを捨てて、次のプレーに合わせて動くようにする。全部にはついていけなくても、他を捨てれば一つだけだったら合わせることができます。

まずはそうやって、自分より早いリズムに合わせてプレーする感覚を少しずつ作っていく。そういうことをやってるうちに、頭がだんだんと早いリズムに対応してきます。頭が対応してくれば体(動き)も対応しやすくなってきます。

「動き方がわからない」というのは、「動き方を知らない」のではなく「動きのテンポについていけない」ということが原因であることが多いです。だって「動き方」なんてフロアの状況を見てちょっと考えれば誰でもわかるからね。

でもみんな「動き方を理解してないからできない」と思ってるんだよね。そういう場合ももちろんあるんだけど、そのことよりも「動きが遅い」ことが与えている影響のほうが大きいと思うんです。私も最近いろんな人から「動き方がわからない」って言われて考えるようになって、それでやっと気がついた。「動き方を知る」という方向で努力するのではなく(それも大事だけど)、「合わせて動けるようにする」という方向で努力したほうが良いです。

エーハラのダンク
エーハラのダンク。羽ばたいている。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ