スクリーンが下手だった

スクリーンのかけ方が下手だ。適当にやっていてきちんとかけることができていない。ムービングも多い。もっとスクリーンをしっかりかけないとだめだと思った。

まず、スクリーンは動いてはいけないということを徹底しよう。少しでもひっかけようとしてターンしながらスクリーンしたりするのも駄目だ。かけるときはその場で止まってかける。

もちろん体当たりするのも駄目だ。接触に備えるのはいいが、こちらから体をぶつけていくようなスクリーンのかけ方は駄目だ。

そしてスタンス。これがものすごく重要だということに今さらながら気づいた。足を広く開いて良いコースにスクリーンをかければ結構かかる。横に立つならディフェンスの足を自分の足で挟みこむように。

今みんながやっているスクリーンはスクリーンになっていない。スクリーンモドキだ。

日曜の練習に来てくれたゲストはスクリーンをしっかりかけていた。それを見て、自分のスクリーン技術の未熟さを感じた。スクリーンをかける人がしっかりかけて、かけられる方も動く方向や動き方をきちんと理解していると、意外と簡単にマークを外すことができたりする。もっと練習していかなければ駄目だ。

スクリーン

今のところ、私のところにしっかりスクリーンをかけに来てくれる人はあまりいない。でもとりあえず自分からスクリーンかけに言ってみるわ。みんなが真似してくれることを期待している。

スポンサーリンク

2 Responses to “スクリーンが下手だった”

  1. ぶりー より:

    せぐにいは昔「スクリーンは私にはいらない」っていった!

    スクリーンが一番人から教えてもらってもわからない技術。

    はっきり言って、「オフェンスの時の動き方」と「スクリーン」これがね、素人は一番わからん訳ですよ。

    • リーダー より:

      この記事で言っているスクリーンはボールを持っていない人にかけるスクリーンです。私がボールを持ったときは下手にスクリーンに来ないでほしいです。それは今でも変わらずそう思ってます。ピックアンドロールを狙うとかだったらいいんですけど。

      動き方については長くなりそうなので記事にします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ