相対的に速く動くために

どうも。動画を見たら寝ぐせで頭がもっこりしていて恥ずかしくなりました。そしてトマにカットされたことを思い出してイライラしてしまいました。

バスケでは絶対的な速さよりも、相対的な速さが求められると思います。絶対的な速さっていうのは足の速さとかそういうの。相対的な速さっていうのは目の前の相手とのスピードの差的なもの。相手が止まっているときにこちらが動くことができていれば、相対的なスピードは速いと言える。

相対的な速さを速くするために必要不可欠なのが「ディフェンスの状態を感じ取る」ということです。ディフェンスが止まってるときにオフェンス(自分)は動きたいんだから、ディフェンスの様子が把握出来ていなければいけないわけです。

バスケがうまい人はこれがうまいわけですよ。いや、バスケがうまくなるために必要というよりは、バスケットボールをプレーする上で必要不可欠な能力と考えたほうがいいかもしれない。この能力がないと楽しくバスケができないぞと。「大前提」であるべき。そのくらいに思ってもいいのかもしれない。

自分が動いたらディフェンスはついてくるでしょ。自分が止まったらディフェンスは止まるでしょ。それを基礎として、止まった瞬間にもう一度動いてみるとか、止まるとみせかけて動き続けるとか、動くと見せかけて止まったままでいるとか、前に進むと見せかけて後ろに下がるとかすればいいわけですよ。

フロアそのために使えるものがたくさんあります。スペースが空いていれば当然ディフェンスはそこを警戒するでしょう。そのスペースに走りこむと見せかけてディフェンスを過剰に反応させておいて他の場所に行くとか。スクリーンが来ればディフェンスは一瞬スクリナーに気を取られます。その瞬間に動くとか。ボールを保持した選手が動けば、ディフェンスはそこに気を取られます。そのスキに裏へ走るとか。

フロアの状況をうまく利用しながら、ディフェンスの意識の方向や予測とは逆の動きをするわけです。それができれば相対的に速い動きができます。いつの間にかいなくなってるとか、気を抜いてついていけなかったとか、そういうのね。

ディフェンスをよく見ることが大切なんだけど、よく見るためには精神的優位な立場に立たなければいけなくて、精神的優位な立場に立つために必要なものは山ほどあって・・という感じですな。

スポンサーリンク

2 Responses to “相対的に速く動くために”

  1. チノ より:

    おーい、一番大事なところで記事が終わりましたよー。

    今までの積み重ねからくる自信が一番とは思いますが・・。

    それだけじゃつまらない気もするし。

    試合のときは先に仕掛けて勝った方とか、後半疲れてきたときに
    力を発揮するとか精神は流動的でいろいろありそうだと思います。

    個人の精神的優劣だけじゃなくて、チームも一緒かと。
    流れってあるしね。

    • リーダー より:

      あ、そこが一番大事なところだったか・・・!
      相手よりも速く(早く)動ける、ボールの扱いに長けている、接触に強い体、それらをいかすための各技術などなど。
      それに加えて「場数」とか「経験」とかがモノを言うと思います。

      しかしさすがはチノさん、良いコメントを残してくれますね。
      確かに流動的な部分があります。だから最後まで勝負はわからない。
      そういうところも駆け引きできるといいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ