中途半端な位置取り

オフェンスのときに中途半端な位置取りをするのが目立つ。中途半端な位置取りっていうのは、スリーポイントラインの内側だけど、ペイントエリアの外側みたいな位置。そういうところでボールを持つ人が多い。別に持ってもいいんだけどさ、いつもその周辺でプレーしてるからコートが広く使えないんだよね。中なのか、外なのか。すごく中途半端。

パスする人もさ、その位置にパスしてるんだよね。例えば逆サイドからゴール下を走り抜けてきたオフェンスが、走り抜けた先のスリーポイントラインの外に出る前にパスを出しちゃうみたいなさ。仮にその瞬間はノーマークだったとしてもそこにパスしたらディフェンスがすぐ追いついてきて攻められないでしょ。スリーポイントラインの外まで出るの待ってれば、ディフェンスは外側まで追いかけてこないから少し余裕ができるかもしれないのに。外でボールをもらえば自分で攻められなくても中に入ってこれるだけのスペースもできるし。

うーん、そういう位置にパスしてる人は、その人自身もそういう位置でプレーしていることが多いようなきがしてきた。

ビハインドザバックパスのフェイク

そこでしかプレーできないからそういうことになってるんだと思う。スリーポイントラインの外側で攻められない(この「攻める」はスリーポイントシュートのことだけを言うのではない)。または逆にリングに近い位置で攻められない。ちょっと考えてみたほうがいいかもしれないですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ