動くだけではなく止まってみる

運動量が豊富なのは結構なことだけど、動くことばかりを考えていてもうまくいかないんだよね。動いてばかりいるから「合わせ」の動きができないんじゃないかとふと思った。自分が先に動いていると他の人の動きに合わせて動くってことがしにくくなる。

ストップジャンプシュート

時には止まっていることも大切なんだ。自分から先に動くんじゃなくて、他の人が動くのを待ってからその後を狙って動くということが大切。あー、今いいこと書いた!「自分から先に動くんじゃなくて、他の人が動くのを待ってからその後を狙って動く」っていうのができてねーんだ。

これがうまい人は「つなぎ」のプレーができる。タイミングよくボールをもらいに行くことができる。ボールを持った選手の動きに合わせて、その選手が動いたあとに動けるから。これが下手な人はつなぎのプレーができない。そういう選手が入るとボール回しがぎこちなくなる。つながらなくなる。

合わせのプレーなんかもそうだ。合わせのプレーっていうのは自分以外の誰かが動いてディフェンスの注意がそっちに向いたその瞬間にディフェンスが見えていないところに向かって動き出すわけだ。

オフェンスが常に動いているとそのオフェンスをマークしているディフェンスの注意は常にそのオフェンスに向けていなければいけない。だから他で誰かが動いてもディフェンスはそっちに注意を向けない。そうなると合わせのプレーは成立しにくくなる。

止まっていればディフェンスは「こいつは動かねーな」と思って他のところに注意を向ける。そしたら合わせのプレーが狙える。まぁ止まってるだけじゃなくてフェイクかけたりいろいろできるけど、とにかく「誰かが動いてディフェンスの注意がそっちに向いた瞬間に動き出す」っていうことを意識してみるといいかもしれない。

俺が俺ががではなくて「誰かの動きを受けて自分が動く」ということをもっと考えてみると、また違う種類のプレーができるようになるかもしれないですよね、イセさん。

スポンサーリンク

One Response to “動くだけではなく止まってみる”

  1. KenT より:

    やりにくいひと→オフェンスorボールの動きを見るひと
    やりやすいひと→ディフェンスを見るひと

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ