火曜日の練習で気づいた3つのこと

火曜日の練習は人数が少なく、シュート練習のあと3対3をひたすらやった。いろいろ気づいたことはあったけど、1.イズミの積極的なシュート、2.伊勢海老、3.合わせのタイミングについて今回は書こう。

伊勢海老シュート

1.イズミの積極的なシュート

いつもはどちらかと言えば自分はあまり攻めずに他の人にパスを回すようなプレーをしているが、この日はイズミが積極的にシュートをうっていた。しかもわりと入るようになってきている。リングからボール二つ分横にずれたフリースローをうっていた頃が懐かしい。シュート練習ではスリーポイントも良く入った。いい感じだ。

2.伊勢海老

イセがシュートを工夫してうっていた。その姿がエビのようだったので、おそらく伊勢海老にバージョンアップしたのだと思われる。その工夫したシュートはよく入っていた。もうちょっと練習を積んだら面白いことになりそうだ。

3.合わせのタイミング

合わせの動き出しが遅いなと感じることが何回かあった。3対3の場合はスペースが広いので、合わせの動き出しが遅くてもスペースにパスを投げてやった。パスが出されてからやっと合わせのタイミングだということに気づく。それから動き始めて、ボールを追いかける形になる。試合じゃそれだとダメなんだよな。5対5だとスペースがないから、先にパスを投げることができない。タイミング良く動き出さないとね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ