死角を狙う

ゾーンディフェンスはボールに集中するように守ります。そうするとディフェンスにとって「見えない部分」が出てきます。そこをつくとディフェンスを崩すチャンスが生まれます。

リバウンドに飛び込むイズミ

例えば右サイドで4人のオフェンスがボールを回しているとします。するとディフェンスは右サイドにばかり集中します。そして左サイドへの意識が薄れてきた頃に逆サイドへパス。見えていない部分へパスを出されたディフェンスは慌ててボールを追いかけます。

早い段階で逆サイドにふってもあまり効果がないので、じっくりパスを回すことが大切。もちろん攻め気を見せながら。ディフェンスの意識の方向や視線などをよく観察してパスを回すことが大切です。特に「ボールを追いかけさせる」ということを意識するといい。

逆サイドでボールを受けた選手はチェックが遅ければそのままシュートをうってもいいし、遅れて出てきたディフェンスに対してドライブで攻めてもいい。基本的にゾーンディフェンスは外から確率の低いシュートをうたせるのが目的なので、簡単にうってしまわないほうがいいかもしれないな。まぁそこはシュートの確率による。

ドライブで攻めると逆サイドにオフェンスが固まっているためにヘルプも遅れる。すると合わせの動きもしやすくなる。もちろんこの合わせの動きも、ディフェンスの「死角」からスペースに飛び込むような動きをする。

オフェンスは常にディフェンスの死角に入り込む、または死角から飛び出てくるような動きをしているとディフェンスが崩しやすくなる。そういうことをやっていると結構ペイントエリアにスペースができたりするんだよね。そしたらポストを使って攻めることができる。これがゾーンにとっては一番嫌なオフェンスだな。

つづく。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ