最も簡単なゾーンの攻め方

もっと簡単にゾーンを攻める方法がある。それは「速攻」だ。相手がゾーンを作る前に速攻で攻める。それが一番簡単で確実な方法だ。切り替えを早くして、ゾーンが完成し切る前に攻めるという意識を持つことも必要。

ドヤ顔のトマ

切り替えが遅い。決められてから攻めるまでに時間がかかりすぎる。シュートを決められても落ち込んでいるヒマはない。すぐにボールを入れてフロントコートまで運んでしまわなければいけない。当然ドリブルだと遅いのでパスでボールを運ぶようにする。

うまくいけばゾーンが完成し切る前に攻めることができる。すでに待ち構えているディフェンスを崩すのは簡単ではないが、同時に走ってきて、または遅れて走ってきて焦っているディフェンスを崩すのは簡単だ。

シュートを決められた時よりも、相手がシュートを外したときのほうがチャンスは大きい。リバウンダー、アウトレットパスを受けるレシーバー(パサー)、そして前を走る人が瞬時に判断し、速攻を繰り出すことができれば相手よりも早くフロントコートまで行ってシュートを決めることも不可能ではない。もちろん的確な判断力、視野、ボールハンドリング技術などが必要になってくるけども。

相手よりも早くコートにいけなかったとしても、完全にゾーンが完成する前に攻めることができれば有利にオフェンスすることができる。ただし、速攻の先頭を走る人は急ぐあまりに無謀なオフェンスにならないように注意が必要。駄目だと思ったら無理せずに他の味方が来るのを待ったほうが良い。

つづく。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ