タイミングよくスペースをつく

「スペースに入ろうとしてもタイミングが悪い」というのは、スペースが空くタイミングにちょうどよく入っていけないということだ。ゾーンはハイポストやローポスト周辺にスペースができやすい。そこが開いたタイミングにうまく飛び込むと中にボールを入れることができる。入れることができなくてもそこにパスを出すふりをすればディフェンスが縮む。中にボールが入ったらそのまま攻めてもいいし、ギュッとディフェンスが縮まったところで外に出してスリーポイントで攻めてもいい。

べんぞうvsとうげ

が、スペースの開く瞬間が見えていない。ボールの動きばかりに気がいってしまっていて、ディフェンスの動きがあまり見えていないように感じた。スペースに入っていったとしてもタイミングが遅く、ディフェンスがスペースができたことに気づいてしまったあとに入ってしまうので、すぐに対応されてしまう。

ボールの動きに合わせて動くのではなく、ディフェンスの動きに合わせて動く。ディフェンスの動きを読んでチャンスを逃さないことが大切。開いてからスペースに入り込むのではなく、開く前から準備しておいて、開いた瞬間に飛び込む。その瞬間を逃さないために、ボールを持っている選手も「ボールを保持したまま様子を見る」ということが必要になってくる。これは動きにメリハリにもつながる。

人と人との間のスペース、特にハイポストやローポスト周辺には常に注目しておく必要がある。相手よりもこちらのほうが背が高いなら初めからそこにいてもいいし(まぁ背が低くてもいいんだけど)、開いた瞬間に飛び込むのもいい。そしてスペースをうまくつくには、ミドルレンジのジャンプシュートを確率よく決められる必要がある。ミドルレンジのシュートがあまり得意じゃないような感じがしたので、練習しておかなければいけない。

中のスペースが使えるようになるとディフェンスが縮まる。ディフェンスが縮まったら外のシュートがうちやすくなる。そのシュートが入ればディフェンスが広がってくる。ディフェンスが広がってきたら中のスペースが使いやすくなる。変に苦手意識を持たず、オフェンスのほうが相手の動きをコントロールするような、優位な立場でプレーする必要がある。

つづく。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ