動きのメリハリ

某高校の話の続き。ゾーンが攻められないということだったので、ゲームの中で私たちがゾーンディフェンスする場面があった。そのとき感じたのは「予想通りの方向に予想通りのタイミングで流れるように動いている」「スペースに入ろうとしてもタイミングが悪い」ということだった。

リバウンド争い

「予想通りの方向に予想通りのタイミングで流れるように動いている」というのは動きにメリハリがなく、次の展開が読めてしまうということだ。パスを回すにしてもフェイントがあまりないので、ディフェンスは対応しやすくなってしまう。また、シュートをうつ、ドライブをするといった「攻め気」も感じられないため、ディフェンスはパスだけを警戒していればよくなってしまっていた。

そこで「途中で止める」ということを話した。流れにまかせてパスを回すだけでなく、あえて途中で止めてみる。さらにそこでパスフェイクやシュートフェイクを入れたりするとディフェンスが反応してくる。その瞬間にパスを出す。するとディフェンスはパスを追いかける形になり、それが連続して続くと大きなズレとなる。ズレができればドライブもできるし開いたスペースに飛び込むことができる。

これにはパススピードも重要になってくるし、無駄なドリブルをつかないということも大切(ドリブルで攻めるふりをしてひきつけるのはアリ)。さらにゾーンの人と人との間にポジショニングするなどして、部分的なアウトナンバーを作っておくことも効果的(例えば2-3のディフェンスをされたなら、前の二人の間に一人立ち、左右の45度あたりに一人ずついれば部分的なアウトナンバーができる)。

中に走りこむ時も、ダラダラとカットしていくだけでなく、中で面をとったりするとディフェンスをひきつけることができる。ディフェンスがひきつけられるとスペースがあくのでそこに飛び込めば良い。

つづく。

スポンサーリンク

2 Responses to “動きのメリハリ”

  1. ミズイロイズミ より:

    この記事と関係はあんまりないのですが、動画観るのはほんと
    いいですねぇー!

    • リーダー より:

      ですよねー!
      練習動画を見るということはもう一回練習しているのと同じです。
      そりゃー見ないより見たほうがうまくなりますよねー。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ