速く動こうとするとミスする

周りの選手の動きが自分より速い。それに合わせようとして限界以上の速さで動こうとする。そういうときはミスがおこりやすい。例えば早いパス回しをしてるときなんかはミスする人多いよね。早くパスを出そうとして視野が狭まってしまっている。

最近ならしおりの動きを見ているとこれがよくわかる。周りの動きに合わせようとして「見えていないのにパス」したりしてミスになる。多少遅れてもいいからしっかり見て状況を判断してからパスを出さなければいけない。

じょーのスリーポイントシュート

速く動こうとする必要はない。たいていの場合、速く動こうとすると体が力んでかえって動きが遅くなる。おまけに一つのところに意識が集中してしまうからディフェンスの状態やフロアの状況が見えなくなる。そしてミスをしてしまう。

大切なのは「速く動く」ことでなくて、「正確に動くこと」なんだよね。先に正確性を求めた上で、それを継続して練習することで動きが速くなっていく。そういう順番じゃないといけない。いきなり速く動こうとするとミスが連続しておこるようになる。そうなるとその技術は伸びない。先に成功体験があって、それが磨かれていく。そういう順番にしたい。

だから「正確性」とか「確実性」とかを意識したプレーをするといい。そうやってればそのうち「正確なプレー」が「一番速い(早い)」ということにきっと気づく。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ