2010年バスケ納めはBチームの惨敗

怪我人もなく、無事に2010年のバスケ納めを迎えることができました。今年最後の練習、参加人数は11人。ビンスも久しぶりに火曜の練習に参加。いつもどおりAチーム対Bチームでゲームをしましたが、あまり面白くはなりませんでした。メンバー分けをもう少し考えるべきだった。

6(ロック)マンやっさん。
6(ロック)マン

練習後は梅小町で反省会。ワンコイン定食を食べながらいろいろと話しをしましたが、Bチームはとにかく緩急がないという話が出ました。流れながらプレーをしている。止まるときと動くときのメリハリが無い。動くときはだらーっと動いて、止まるときもだらーっと止まる。動きながら攻めるのはいいんだけど、要所要所で止まる瞬間を作らないとディフェンスがズレないんだよね。もちろん、止まった次の瞬間には動き出すんだけど。

それと位置取りが中途半端という問題もある。スリーポイントラインから少し入ったところに立ってたり、ずっと中にいてスペースを埋めてしまっていたり。もっと広く使えばスペースなんていくらでもあるのに、それを自分たちで埋めてしまっていたな。

外からのシュートも全然なかった。うてる人がいなかった。まぁ「うてる人」なんていう表現を使うのもおかしな話で全員がうてなきゃいけないんだけど。中・中・中っていうオフェンスだったから守るのがとても楽だった。ブロックショットがいくつもあったのは攻めが短調だった証拠だ。

みんなボールを持ったらすぐにドリブルをつく。中に入っていく必要はないのに中に入ろうとドリブルをしている。シュートがないとわかればディフェンスはとても守りやすくなる。ボールを持ったらまずどうするか。当然シュートを狙わなければいけないんだ。次はパス。最後にドリブル。

ボールを持った瞬間にシュートを狙ってきて、しかも高確率で決める選手がいたらどうだろうか。ディフェンスはすごく大変になる。まずシュートチェックにいくことを最優先に考えなければいけなくなる。シュートチェックをすると重心が浮き上がることになる。重心が浮き上がると横の動きができなくなる。横の動きができなくなると、一気に後手に回ることになる。

ということをとうげあたりができるとまた違ってくるんだけどな。チノさんがそういうオフェンスをしようとしていたが、周りがそれを理解できなかったようだ。チノさんのところにいいタイミングでボール回っていかなかったし。

とにかくBチームはオフェンスがダメだった。パスが回らない。回す気もない。持ったら自分で攻める。攻めても止められる。シュートも決められなくて、速攻を出されてそれを追いかける。美しい負けパターン(笑)結局30点くらい差が開いてしまった。

そんなバスケ納めでした。いまいち気持よく終われなかったところは残念だったけど、年明けは気持よく戦えるようイメトレをしっかりしながら正月を過ごしてください。動画を見て良いプレーをイメージするのがオススメですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ