もっと味方の気持ちが高ぶるように

どうも、リーダーです。最近イズミが面白いです。あいつ、暇すぎて検索窓に「面白いこと」とうちこんで検索したらしいです。心配です。イズミの自転車を無断で借りていった人、どうか彼に自転車を返してあげてください。

火曜日の練習では「まだ心が見えてないなー」という印象を受けました。自分以外の4人の味方が何を思っているのか。相手チームの人が何を思っているのか。どういう心理状態にあるのか。そういうのがわかっていないなーと。

最初板垣さんがいたチームなんて、もっと気を使ってパスを回してやらなきゃいけないでしょう。初めて練習に参加してくれたんだよ。大切なゲストですよ。まずはボールに触ってもらうところからでしょ。それなのにみんな好き勝手攻めるから板垣さんがなかなかボールに触れない。そういうところまで考えられないのは残念だなと思うんです。

私はじょーがシュートをうちたそうにしているのが良くわかる。だからパスを出してうたせてあげる。べんぞうさんがボールを持ちたがっているのが良くわかる。だからポストに入れる。最近はまもさんもスリーポイントをうちたそうにしているから、そこもパスを出してうたせてあげる。その人がやりたいプレーを、できるだけやりたいときにさせてあげたいなーと思っている。

というところまで考えてプレーしている人は少ないような気がする。ただあいているからパス。ただノーマークだからパス。必殺、意図のないパス。

レイアップシュートを外すアホヤマザキ

昨日の一場面。まもさんがナイススティールをして、そのボールを速攻でヤマザキがドリブルで持っていって自分でシュート。

まもさんがナイススティールをしてボールがこぼれてヤマザキのところに来た。ヤマザキはドリブルで右から。左側からはまもさんが走ってきている。少し遅れて真ん中からもう一人味方が来ている。

私だったらここでまもさんにシュートをうたせる選択をする。その前のナイススティールで気持ちがのっているので、シュートを決めてさらに気持ちが高ぶるような状況を作りたいと考える。

ヤマザキの選択は自分でドリブルで運んでいってシュートだった。それ自体は別に悪い選択ではないけど、「気持ち」の部分や流れを考えるならパスでも良かったんじゃないかと思う場面だったな。ヤマザキはうおー!と叫びながらドリブルしていってレイアップ外してたし(笑)

「気持ち」って大事なんだよね。プレーに与える影響が大きい。パスがほしいときにボールがこないとフラストレーションがたまるし、イライラすると体が力んでうまく動けなくなる。「自分が」ではなくて、「他の人が気持ちよくプレーできるように」という意識を持つといいかもしれないな。少しずつそういう考え方ができるようになっていけば、もっと違ったバスケができるんじゃないかなーと思いますよ。

明日は練習試合。頑張りましょう。さっきたけはらに道順を説明しただけのメールを送ったら、「丁寧すぎて今年一番感動しました」という返信がきた。「どんだけ感動してないんだよ」とツッコミたいところだが、たけはらの場合は私を馬鹿にしてるな、完全に。

スポンサーリンク

One Response to “もっと味方の気持ちが高ぶるように”

  1. ヤマザキ より:

    そうですね。相手の気持ちを考えて気持ちいいバスケができるよう頑張ります
    あとレイアップはもうはずしませぬ!笑

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ