相手を見る

日曜は佐渡から番Bがやってきたので、
私と番Bとニセムラカワの3人を同じチームにしてゲームをした。

流れとか早さとかタイミングとか
そういうのを感じてもらいたかったので。

他の選手の「遅さ」がかなり目立っていたけど、
そこには気がついていただろうか。

動くスピードが遅いってわけじゃない。
タイミングが遅いんだよね。

3人とも運動量が多いわけじゃない。
というか、結構さぼっている。
でもスッと抜けたりするじゃない。

がむしゃらに動けばいいというわけじゃない。
運動量が多ければいいというわけじゃない。

もう何度も言ってるけど、
うちの選手たちは「相手」がいるってことをわかっていない。

自分が動きたいタイミングで、
自分が動きたいような動きをしているだけだ。

ある程度のレベルまではそれで通用する。
でも、ある程度止まり。

自分から仕掛けるプレーはもうお腹いっぱい。
次は相手の動きに対応するプレーをするようにしてほしい。

パスカットされることが多いニセムラカワはともかく
(コンタクトが復活すれば大丈夫でしょう)、
番Bと私は攻めるときディフェンスを見ながらプレーしている。

速攻が何本もあったよね。

たとえディフェンスが近くにいても、
そのディフェンスがボールを見ていないというのを
見ているからパスが出せるんだよ。

速攻じゃないパスもそう。

普段の練習では
私のパス一本でフリーになることも多いよね。

ディフェンスを見てパスしているから
ディフェンスのタイミングを外したパスができるんだよ。
気づいていないかもしれないけど。

私はそういうパスを自分でもらったことがあまりない。
番Bが練習にくると、番Bからはそういうパスがくる。

みんな味方しか見ていないことが多いんだよね。
ディフェンスのことをもっと観察してほしいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ