シュートが入っても、どうしてもナイッシューとは言えない

ナイッシューとかナイスリバンとみんなは声を出してるけど、そしてきっとそれはいいことなんだけど、私はみんながナイッシューと言っている時でもナイッシューと思えないことが多いです。ナイスリバンだと思えないことが多いです。だから私はあまりナイッシューとは言っていないです(もちろんナイスプレイだと思ったときは言うようにしています)。

スポンサーリンク

シュートが決まればイコールナイッシューなのかということです。まぁ入ればナイッシューでいいかもしれないけど、シュートには良いシュートと悪いシュートがあると思うのです。決まったシュートが必ずしも良いシュートばかりとは限らないということです。シュートを決めることができたとしても、もっといいシュートセレクションはなかったかと考えるようにしたいです。

ナイスリバンって言うのも、外れたシュートがたまたま味方がいるところに飛んでいったときに言っていても「それナイスリバンか?」と思うわけです。本当にナイスリバウンドのときもあるけど、ディフェンスがスクリーンアウトしてなくて、たまたま取れたってのも多く、そういうのはナイスリバウンドではないんじゃなかろうか、ということです。

そんなときはナイスリバウンドと言うんじゃなくて、リバウンドをしていなかったディフェンスにしっかりやれと声をかけるべきですね。練習としてはそっちのほうが良いような気がする。

もちろんナイッシューとかナイスリバウンドとか言うなっていう話じゃないし、むしろ言うことは継続した方がいいけど、シュートが入ったから反射的にナイッシュー、リバウンドを取ったから反射的にナイスリバン、じゃなくて、それが本当にナイスプレーだったのかを考える必要があるということです。たいしてナイスプレーではないのにナイスプレーって言ってると、それでいいと思っちゃう。口に出していれば自然にそうなっていってしまうから気をつけたいです。

スポンサーリンク

・D橋→まもさん→べんぞうさん
・峠→D橋→べんぞうさん
・リーダー→D橋
・D橋→峠
・リーダー→べんぞうさん→リーダー
・D橋→リーダー→まもさん
・D橋→リーダー→べんぞうさん
・リーダー→D橋
・リーダー→べんぞうさん
・まもさん→リーダー→まもさん
・D橋→まもさん

これはあるゲームでのパスの流れ。速攻は除いている。絡むのは多くて3人だった。7分間のゲームで、4人以上絡んでいるオフェンスが一回もなかった。このゲームでたまたま1回もなかったのかもしれないが、思い返してみても、5人が全員ボールに触れたオフェンスはほとんどなかったように思う。

だいたい2人か3人で攻めてしまう。からんでいない他の人にしてみれば、気づかないうちに味方がシュートをうっていたという感じで、オフェンスリバウンドにも入れないし、セーフティにも戻れない。そして速攻を出される。絡んでいない人が、味方がうったシュートを見ていないのが悪いのかもしれないけど、巻き込めない方もちょっと意識が足りないのかもしれない。

特に「逆サイドに展開する」という意識が希薄だから(パスが下手だからできないという噂もある)、絡む人数が少なくなるのではないかと思う。それで片方のサイドにいる3人しかボールに触れることができず、だいたいそこだけでオフェンスが終了している。

ボールに触れないとストレスがたまる。ストレスがたまってるから持ったらすぐうとうとしてしまう。そういうシュートは良いシュートセレクションにはならないし、しかもボールに触っていない状態でのシュートだから入らない。外れるけどリバウンドも入れない。悪循環。

コートには5人いるんだけど、まだ個人プレーしかできていない感じ。個人プレーでシュートを決めても、それはナイッシューではない。ただシュートを決めたいんだったら、私やまもさんが1対1をしてもある程度は決められる。でも、それは強い相手だと通用しない。

「良いシュート」を増やしていかなければいけない。そのためには、自分勝手なプレーではなくて、自己犠牲のプレーが必要。ずっと言ってきているけど、なかなかできるようにはならないね。

たしかに自分がシュートを決めるのは気持ちがいい。でも、他の人にシュートを決めさせることも気持ちがいいことなのだ。

「ボールをもらわせてあげる」「シュートをうたせてあげる」
こういう気持ちをもってプレーできるともっと良くなると思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ