なぜミスになるのか考えなければミスを無くすことはできない

なかなかミスが減らない。「堅実なバスケ」ができるようにならないといけないのに。こんなことを言っている私だってまだまだ足りないけど、みんなはもっと足りないんだ。なぜミスが起こるのか考えただろうか。ミスが起こる原因を考えることができなければ、ミスを無くすことはできない。

スポンサーリンク

私が考える原因は主に2つ。

1.体が流れながらのプレー
ミスというのはパスミスが多いわけだが、その最も大きな原因として「体が流れている状態で、なんとなくパスしている」というのがある。体が流れているので、途中で止まることができない。ディフェンスに反応されているのがわかっても、そこでパスをキャンセルすることができないのだ。
体が流れているというのは、「勢いにまかせたプレーをしている」ということだ。こういうプレーは、応用もきかない。勢いに頼ったプレーは、いつも同じリズム、いつも同じ間合いでなければ使えない。だから試合とかでいつもとちょっと違う状況になると、あっさり崩れる。勢いにまかせたプレーはできるだけなくしていかなければいけないのだ。

スポンサーリンク

2.パスに気持ちが無い
精神論っぽくなってしまうが、パスには「相手に届ける」という気持ちが必要だ。みんなにはこれが欠けていると感じる。だから手元で放るようなパスが非常に多い。すぐに手を離してしまって、あとは人任せなのだ。こういうパスは自然と弱くなる。力が無いからディフェンスに反応される。

自分の手から離れたらそこで終わりなんじゃなくて、相手の手に届くまでがパス。そういうつもりでパスをしないと強いパスは出ない。うかせるパスも一緒。たとえ浮かせたとしても、「相手に届くまでがパス」という気持ちでパスしないと精度が低くなる。手元でひょいって放り投げてばっかりだからカットされるんだよ。ボールは手から離れているけど、手でボールを相手の所まで届けるような、そういうイメージでパスしないとダメなんだよね。

次の練習には「絶対にミスをしない」という気持ちを持ってのぞみましょう。

スポンサーリンク

2 Responses to “なぜミスになるのか考えなければミスを無くすことはできない”

  1. ノーブリー より:

    どーも、体が流れている代表です。だから途中でキャンセルができません。
    まぁ、わたしのばやいは、勢いに任せることすらも出来ていないわけですが・・・
    で、私、読んでて思ったのですが、パスってものすごく重要なのに一番軽視されていませんか?シュート、ドリブルの練習ってするけど、パスの練習ってほとんどしませんよね。
    (部活なんかではパス練習てするんですか?)
    そう、ドリブルやシュートって教えてもらうけど、パスってあんまり人から教わりませんよね。少なくとも私はほとんど教わったこと無いです。。(まぁ、キラーパスとかは教えて出来るもんでもないのでしょうが・・・)
    パスって結果だけをいえば「対象にボールを送る(送るって表現がしっくりこない気もしますが)」ってだけなんでしょうけど、その過程に実はいろんな技術というか、総合力というか(バスケットIQ?)そんなものが含まれている気がして、最近、本当は一番大事な技術なのではないかと思い始めて来ました。。
    ま、私の場合は技術云々よりも「落ち着いて周りを見る」ってことの方が先だと思いますが。。

    • リーダー より:

      部活ではパス練習やると思いますよ。重要な技術ですからね。パスって相手がいて初めてできることなので、それがあまり練習されない原因になっているかもしれないですね。

      たしかに、パスはただボールを投げれればいいというものではなくて、広い視野やディフェンスとの駆け引き、味方とのコミュニケーションなど重要なスキルがいろいろと必要です。分解練習ではこういったものを訓練するのは難しいような気がするので、やはりゲームで練習していくということになると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ