シュートで終われない!ターンオーバーの数を数えてみたら・・

オフェンスがシュートで終われない。ターンオーバーが多すぎなんだよね。オフェンスの半分くらいがミスで終わってしまっている。半分ターンオーバーでは勝てるわけない。ということで、ターンオーバーの数を数えてみました。

スポンサーリンク

撮影した5つの6分流しのゲームでのターンオーバー数。ビンスF沢さんがキャッチできなかったパスは、パスした人のターンオーバーとして数えました。

リーダー 1 0 0 0 0
べんぞう 1 2 4   1
ビンスF 1 0 0 0 0
まもさん 2 2   1 0
ガルシア 0   2 0 
タケハラ   1 1 1 0

6分流しのゲームということを忘れてはならない。10分流しゲームだったらこの1.7倍。10分とめのゲームだと2倍くらいになりそうですね。たまたまな感じはあるかもしれないけど、べんぞうさん、まもさんはちょっと多い。それだけボールに触れる回数が多いということでもあるんだけど。タケハラとガルシアは数字にはあまり出ていないけど、実際は変なパス(ミスパスだけど通ったりしてるもの)が多い。試合なら確実にターンオーバーになってる。

スポンサーリンク

相手はこちらにミスをさせようと邪魔してくるわけなので、ミスを完全に無くすことは難しいかもしれないけど、少なくともこれは6分流しの練習ゲームなので、一回一回をミス無く終えるという意識を持つことは大事なような気がします。たった1回のミスが流れを左右することもありますから、積極的に攻めて点を決めるということも大事だけど、ムリをせず確実なプレーを積み重ねるという考えのもと攻めるようにしたい。

このときの練習で特別ターンオーバーが多かったんじゃなくて、いつの練習でも、試合でも多いよね。自滅していることが多くて、きちんとしたシュートを打っている本数も相手チームより少ないです。確実なプレー。もっと意識していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ