動きながら考えられないとね

前回の練習では簡単なフォーメーションをやってみました。頭で理解してもうまく実行できない人がちらほら。わかります、わかりますよ。私も高校生の頃、フォーメーションを習って同じような感じになっていました。まぁ1回目はしかたないです。繰り返し練習していくうちに、少しずつ理解も深まっていくと思います。

スポンサーリンク

まだよくわかってない人もいると思ったので、動き方やスクリーンの仕方などをまとめたレポートを作成しようと考えてます。遅くても今週中には完成させたい。この動きを基本的な動きとして定着させていきたいです。フォーメーションといっても複雑なものではないし、シンプルであるがゆえに応用もききやすくなっていると思う。

前回の練習のベストプレーは、ガルシアの1対1。カバーが反応できていないのが気になるけど、積極性が見られたとてもよいプレーでした。こういうのがもっと出てくると良い感じになると思う。あとはコンタクトをつけることと、いろんな種類のパスができるようになることだな。

スポンサーリンク

この時のドライブの動き。簡単にできそうでなかなかできないんだよね。メンバー専用ページに動画を用意したので見てみてください。スッと抜けていく感じは見ていても気持ちが良いです。そのあとのボールコントロールはミスっているけど。ビンスF沢さんとノーブリーさんへの特別レッスンの様子も見れるようにしといたので、そちらもぜひ確認してください。

スポンサーリンク

2 Responses to “動きながら考えられないとね”

  1. ノーブリー より:

    頭が・・・頭がこんがらがっておかしな動きです。
    コートにいると頭が働きません。
    この動画・・・俺のパソコンではスペック低すぎるのか、3秒にひとコマくらいしか画像が表示されません。
    まるで紙芝居です。ウケます。クイックタイムと何か相性の悪いソフトでも入っているのでしょうか?ちなみに音声はきちんと聞こえます。何の嫌がらせでしょうか?
    「うめー!」て言う歓声だけが聞こえてきて、画面はジェロシア君がボールをミートしたところのまま止まってます・・・(-。-)y-゜゜゜
    それともジェロシア君の動きがデジタルの技術を超えたからですか(笑)?
    ジェロシア君が華麗なジノビリのようなジグザグステップでレイアップ決めたところですよね?カコイイですね。
    「ヘルプディフェンス」っちゅうのが良く分かりません。
    ヘルプに行くと自分のマークマンが開いてしまって、そこにパスされてしまいます。それは私のいる位置が悪いから?
    それともそもそもそういう時はヘルプに行くべきではない?
    この画像でも左に切れてる俺と谷口君かな?
    どっちが行けばよかとですか?

  2. admin より:

    >ヘルプに行くと自分のマークマンが開いてしまって、そこにパスされてしまいます。

    もちろんヘルプに行けばオフェンスはパスを狙うので、パスコースを塞ぎつつ出ていくか、わざとパスさせてカットを狙うかする必要があると思います。例えばヘルプに行った結果、ゴール下に入り込んだオフェンスにパスを出されて簡単なシュートをうたれてしまうというときは、わざとヘルプにいかずにボールマンにシュートをうたせたりすることもありますけど、そうでなければヘルプには常に出るようにしたいです。

    >この画像でも左に切れてる俺と谷口君かな? どっちが行けばよかとですか?
    この場面だったら、一番近いノーブリーさんが出たほうが良かったかもしれないですね。ただスクリーンに対応しようとしていると思うので、峠が出てもいいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ