合わせができない原因はミートシュートができないこと

オフェンスが1対1ばかりで、しかも合わせの動きが全く無い。それが私たちのオフェンスがうまくいかない原因の一つでしたが、駄目だ駄目だと言ってるだけでは良くならないので、実際に改善のための練習をしてみました。「ドライブから逆サイド合わせ」という動きを想定してのシュート練習と、スクリーンの使い方の確認です。

スポンサーリンク

ミートシュートが全然入らなかった

「ドライブから逆サイド合わせ」は、他の選手が逆サイドでドライブするのに合わせて自分も動いて、パスを受けてアウトサイドシュートという感じで練習しました。動きながらミートしてシュートをしなければいけないのですが、このミートの動きも上手にできていないようでした。

00

合わせの動きって、だいたいが動きながらボールをキャッチしてシュートをうつことになります。動きながらのミートがうまくできないから、合わせの動きをしようとしないのかなとこの練習を見ていて思いました。

全員で30本決めなければいけないルールで練習しましたが、全然入らなくてかなり時間がかかってしまいました。ホントはもう2個くらい新しい練習をやりたかったんですが、この練習に時間がかかりすぎたのでやめなければいけなかったという。

ディフェンスをつけているわけではないのにあの確率だと、試合での成功はほとんど望めません。試合では全く動きのない状態でパスを受けてシュートがうてる場面はかなり限られてきますから、動きのある状態でキャッチしてももっと高確率で決められるように練習していきましょう。この練習は今後も続けていきたいと思います。

スポンサーリンク

スクリーンをかけるタイミング、動き出すタイミング

ゲームではスクリーンのかけ方や使い方を確認しました。これも試合になると全くできてないやつです。動きにメリハリがなくて、スクリーンをかけているかどうかわからないくらいぐちゃぐちゃとしている。しかもみんな自分がボールをもらうことしか考えていないので、「スクリーンを使って」とか「スクリーンを使わせて」とか、そういう発想が無い。それじゃーイカンので、ゲームを止めながら確認しました。

まだ全然できてませんが、私がいたほうのチームはスクリーンをやろうとしているのが伺えました。私がしつこく言ってたからというのもあるけど、とりあえずは第一歩クリアです。やろうとした結果、うまくいかないことがわかる。そうなれば、ではどうすればうまくいくようになるのかと考える。そういうことを繰り返していくと、スクリーンに対する理解が深まっていって、理解が深まればうまくいくことが多くなるから、うまくいくことが多くなれば自然とやろうとするようになる。そうなったら嬉しい。

私がいなかったほうのチームは、あまりスクリーンをやろうという意志を持っていなかったようです。チームを変えた後も、スクリーンを使おうとしている様子はうかがえませんでした。それでも攻めることができるからか?でもそれが通用するのは練習だけなんです。試合のことを考えたら、そんなふうにゲームをしていても意味が無いんです。

私とずっと違うチームだったこーびーが、スクリーンかけてもらえなくて苛立っていました。味方が苛立ってしまうようなプレーを続けていて、試合運びがうまくいくわけがないんですよね。適当にやってるだけではダメです。もっと考えながらやらないと。

すごく疲れてる人と全然つかれていない人

今日のゲームはとても面白い現象が見られました。ものすごく疲れてる人と、全然疲れていない人。この違いがはっきりしてました。いっぱい走ってた人と、そうでない人の差でしょうか?私は違う原因があると思いますけどね。なんで異常に疲れてしまうのか。なんであの人はあまり疲れていないのか。このあたりもぜひ考えてみてほしいです。

今後もゲーム中にダメなことがあったら、ゲームを止めながらでも確認していこうと思います。部活動経験者にとってはダルい時間になってしまうかもしれないけど、底上げされたほうがもっと練習も楽しめるようになるだろうから、協力してください。

スポンサーリンク

5 Responses to “合わせができない原因はミートシュートができないこと”

  1. 赤頭 より:

    昨日の練習は今までで一番疲れました。
    【新しい練習&自分のシュートフォームについて】
    「出るのが早すぎる!」と言われるまでこの練習の目的「動きながらミートして・・・」を理解していませんでした。
    そしてシュート。やっぱりフォームが2段階。
    後で指導してもらった時に「それっ!」って言われたヤツは、自分の中ではフリースローライン辺りでなんとか届く「ジャンプシュート」の打ち方。前に「シュートは全部同じ」って教えてもらったのに今の方が打ち易いし、たまに入るから勝手に自分で分けてた。・・・やり直し。
    【スクリーンについて】
    1回だけスクリーンをうまく使ってフリーでシュートまで行くことができました。ボールを貰ってシュートするまでの間、私の周りにディフェンスはいなくて本当に壁で囲まれた道ができていたように思えました。
    あと、これも1回だけですが、味方がフリーでシュートまで行けたスクリーンを掛けれました。自分が得点した時よりうれしかったです。でも、そういうスクリーンを常に掛けてあげることはできませんでした。掛け方がわからない時の方が多かったです。スクリーンを掛けてもらったのに、使い方がわからない時もあります。
    もっと研究してみます。(みんなには申し訳ないけど、昨日みたいにゲームを止めて指導してもらえると解り易いです。)
    【疲労について】
    たぶん一番疲れていたと思います。何故なら「無駄だらけ」だから。
    これも既にアドバイスもらってます。「動きそのものが無駄なんじゃなくて、合わせにしろ、スクリーンにしろタイミングとか位置とかよく考えてないから結果的に無駄になる。」って。「しっかり止まる」ができてないのも要因かな。意識が足りないですね。
    という訳で「今日はディフェンスがんばろう!」と勇んで練習に望んだのですが疲れて足が全く動かず。プレッシャーもかけれず、抜かれまくり。
    ダメなところの克服・・・いっぱいだ・・・でも少しずつなんとか・・・。

  2. admin より:

    赤頭さん、めちゃくちゃいい感じです!
    しっかり考えてもらってます。ありがとうございます!

    >フリースローライン辺りでなんとか届く
    届かない時は、リリースのタイミングを早くしてみてください。
    空中でためすぎると力が必要になるので、
    ジャンプした直後にうつ感じにしてもいいかもしれません。
    ジャンプは高くなくていいので、
    かわりに力強く踏み込んでみてください。
    強い踏み込みでジャンプできると、体にもビシっと力が入ります。

    >自分が得点した時よりうれしかったです。
    そうなんですよ!
    こういうプレイをもっとみんなで意識していきたいんです。

    自分がフリーになるプレーも大事ですが、
    味方をフリーにさせるプレーはとても価値が高いと思います。
    そういったプレーに「ナイスプレイ!」と言ってやれるように、
    周りもよく見るようにしていきたいですね。

    >昨日みたいにゲームを止めて指導してもらえると解り易いです。
    ミニバスの練習を思い出します(笑)
    でも、みんなの様子を見ていると、必要だと感じました!

    >ダメなところの克服・・・いっぱいだ・・・でも少しずつなんとか・・・。
    これだけ自分を分析できているので、大丈夫だと思います!
    かなり成長できていると感じますよ。
    私も赤頭さんの頑張りに負けないように練習していきます!

  3. KOBE より:

    ボールサイドだけじゃなく、全体を見てスクリーンをかけるようにしないと。
    レベルの高いバスケの試合を観れば良いはず!
    あとなぜボードの裏から決めても誰も驚かないのですか?
    実はみんなできるからか!?
    あの場面であれ以上のプレーは僕には無理でした。
    あと試験が終わったらすかさず引越しをするので、練習にいけるのは5日までです。それではみなさん必死にがんばってください。

  4. be より:

    なんだ、韓国でも行くのか?

  5. ガルシア より:

    リーダー、体育館使えない日を教えてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ