待てる体勢

ブロックをかわす
ヤスオのジャンプもなかなかだよねえ。
まぁ余裕でかわしてやりましたけど。

昨日の名言。
べんぞう「低い体勢でプレーできれば世界が広がるわ」
そのとおり!

伸び上がらなければ、「待てる」んです。

昨日は私がディフェンスの裏をつくプレーがいくつかあったけど、
裏をつくためには「待ち」が必要なんです。

うちの場合はパサーのほうが待つことができない場合が多かった。

なぜなら、勢いでプレーしてしまっていて、
体が伸び上がっているから。

止まれない=待てない。

パサーのほうが待てれば、ギリギリまで引き付けられるから
昨日みたいにスッと裏に入ることができる。

簡単に点が入る。

この「待つ」ってのは、最近たまに話している
「間(ま)」を考えるってことにつながります。

みんなは動き回って「流れ」でプレーしようとするでしょ。

でも私はたまにボールもって止まるじゃない。
そのあとに中にズバッとパスが入ったりするわけですよ。

それが「間」だよね。

あーでもみんな体が流れてないとパスできないんだよね。
動いている勢いを使わないと速いパスができない。
だから止まりたくないんだ。

かりに止まったとしても一瞬のチャンスをつけないんだ。
パスが弱いから。

パスの練習したほうがいいよ。
練習前の時間とかに。
シューティングしてる場合じゃないかもしれないよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ