与えられた環境の中で自分ができることを考える

前回に引き続き、いただいたコメントに回答します。前回の記事といただいたコメントは以下から。

この指導に素直に従うべきなのか | 新潟バスケットボールHORNET

それと、大会の下位回戦とか弱い(って言うのもあれですが)相手とやるときに、急にオールコートマンツーやらされて、大差で勝て!ってのが理解できません。
今までの指導者、全員そんな感じでした。
バカみたいに点差つけて勝つ意味が何なのか理解できません。
弱いものいじめにしか思えません。
極端に言って相手より1点多く入れれば勝ちなのに。
そんなところで無駄にはりきって体力使って、上位の相手とやるときには体力残ってなくてボロ負けってことが多々あるんです。
もうあほじゃねーかと。ギャグじゃねーかと。
マラソンでいうなら、最初から全力疾走して途中棄権みたいな感じじゃないですか。
こんなんだから、大会の緒戦とか弱い相手とやる時が嫌で嫌で仕方ありません。
やらされてる感が半端ないです。

自分が監督だったら、「緒戦だし1点でも勝てばいいから」って言って選手を送り出します。
そっちのほうが伸び伸びできる気がするし、気持ちも楽だし、無駄に体力も使わないと思うし。
強い相手のときこそ万全で思いっきりやるために。

マラソンの例えが面白いですね。

私は決してぽっくんさんの考えがおかしいとは思いませんが、「気持ちよく勝ちたい」というのは指導者でも選手でも誰もが思うことだと思うので、大差で勝て!って言いたくなる気持ちはわからなくもありません。ただ、そこでの体力消費が次の試合に影響を与えているというのなら、それはちょっと戦術ミスというか、考えが足りていないということになるでしょう。

控え選手はいないのでしょうか?私なら大差で勝てそうなときは控え選手を積極的に使って、控え選手に経験を積むチャンス、成長のきっかけを与えるようにしたいです。スターターの体力温存もできます。控え選手がいなければ、何か目標を立ててプレーさせたいです。新しいプレーに挑戦してみるとか、フォーメーションを試してみるとか。

もしかしたら、ぽっくんさんの指導者の方もオールコートプレスを試してみたくてそういう指示を出すのかもしれませんね。

戦い方については私からはこれが正解だということは言えません。指導者によって考え方も違うし、唯一無二の正解なんて存在しないので。ただ納得いかない部分が多いようなので、やはり双方が話し合いをしていく必要があると思います。誠意ある態度で話をすれば、指導者の方もきちんと話を聞いてくれるはずです。話し合いは、こちらの言い分が100パーセント通ることはほとんどありません。お互い歩み寄って、「そういう内容なら納得できる」というところで折り合いをつけることを目標にすると良いでしょう。

とにかくバスケと部活は違うんだなって感じてます。
っていうより部活のせいでバスケが嫌いになってるって感じです。
最近は部活にでるのが憂鬱で仕方ありません。
バスケは大好きなのに。
やっぱり自分の考えがおかしいんでしょうか?

PS.バッシュがキュッキュ、キュッキュ鳴るのも無駄な動き故なんでしょうか?

それが部活だろうとそうでなかろうと、バスケはバスケです。もし違うというのなら、ぽっくんさんの言っている「バスケ」も、アメリカの人たちからしたら「あんなのバスケじゃねーよ」って言われるかもしれませんよね。考え方は違えど、「バスケットボール」というスポーツが好きだということは、誰もが一緒なんです。

大切なのは、憂鬱で仕方ない部活の中に「楽しめる部分」を作ることです。それは自分の考え方や行動を変えることで可能です。環境はそう簡単には変えられません。他人も変えられません。でも、自分はいくらでも変われます。与えられた環境の中で自分が楽しむためには何ができるか。少し考え方を変えてみてはどうでしょうか。

例えば、弱い相手とやるときなんかは、動きを工夫する余裕があるわけです。じゃあちょっと違った動き方を試してみればいい。もっと楽に動ける方法は無いか、もっと楽に動ける姿勢はないか。攻め方だっていろいろな攻め方が試せます。普段はやらないけどポストプレーをしてみるとか、バックドアを試してみるとか。

練習への取り組み方も工夫ができます。私がぽっくんさんのような状況におかれたら「監督は力んだ動きを一生懸命やっているとほめている。じゃあ俺は力んでない動きで力んで動いているやつらをシャットアウトしてやる。プレーで証明してやる」みたいに考えるかもしれません。それが実現できたら、面白いことになると思いませんか?

「力まない動き」で「力んだ動き」に圧倒的な差で勝つことができれば、今現在力んだ動きを「一生懸命やっていてすばらしい!」と思っている人も、「力まない動きのほうがいいんだ」ということを実感してくれるかもしれません。

他人はなかなか変わってはくれないですが、でも「結果」を見せると変わります。実感させると変わります。最初は私の取り組みを変な目で見ていた人たちも、俺もやってみようとか言ってくるわけです。そうなると楽しいですよ。

そういうことをしなくても、現在の環境でもバスケを楽しむ方法はいろいろあると思うのです。ぽっくんさんが何かアクションを起こすことができれば状況も変わると思います。他人がどうこうということを考えるのではなくて、自分にできることはなんだろうかということを考えてみてください。大好きなバスケを続けていくために。

追伸
バッシュが出すキュッキュという音は気にしすぎる必要はないですが、「バッシュに過度なグリップ力を求める動き」はよくない動きだと思います。

スポンサーリンク

5 Responses to “与えられた環境の中で自分ができることを考える”

  1. のーぶりー より:

    バスケに限らず、スポーツってのは本来楽しいものだと思うんですよね。

    で、その楽しいってのはけしてなぁなぁでへらへら楽しいって事ではなくてね。この辺を勘違いする人がいるからやなんですけどね。

    だって、別にプロじゃない限りお金もらって生活してやってるわけじゃないでしょ?

    じゃぁ、何でやってんのっていったら、やっぱり楽しいからでしょ。やりたいからやってるんでしょ。

    あたしゃへたくそで周りからあーだこーだ言われますよ。だって下手だもん(笑)

    だけど、まぁ、あれです。好きだからへこたれずにやってるわけですよ。
    家族からぶーぶー言われながらも

    ってことで、「初期衝動」を忘れずにいたいと思う今日この頃。

    楽しいか楽しくないかなんてのは所詮本人しだいでっせ。。

    PS.どんな試合でも全力でやれってことじゃないっすか?
    手を抜くのは失礼だろうと。

    であればすばらしい指導者だと思いますが。

  2. リーダー より:

    >であればすばらしい指導者だと思いますが。

    本当のところはどうかわからないですが、
    たぶんバスケへの理解がまだ深くない方なんだろうなぁと想像しています。
    一生懸命な方なんだろうなーとも思いますが。

    私はぽっくんさんの憤りがよくわかるんですよね。
    似たような経験をしているので、すごく共感できるんです。
    でもあえてそこに同調しなかったのは、
    そんなことを言っていても何も変わらないからなんですよね。

    ホントのーぶりーさんの言うとおり、楽しめなきゃいけないと思うんです。
    楽しむためには自分が変わらなきゃいけないんです。
    これは我慢するとかそういうことじゃなくて、
    少し考え方を変えてみると、違うものが見えてくるってことなんです。

    選手としては、たとえどんな指導を受けたとしてもそこには「感謝」の気持ちを持ってほしいです。(指導者が情熱を持って指導してくれていればの話)
    私は自分が監督みたいなことを経験して、
    監督という仕事がどんなに大変かを実感しました。
    過去に指導をしてくれた先生に感謝せずにはいられなくなりましたよ。
    指導内容はかなりめちゃくちゃでしたけど。

    完璧な指導ができる監督なんていないんです。
    誰もが間違ったことを教えています。
    私だって毎日のように間違ったことばかり言っています(本当に)。

    あらさがしをしたらキリが無いんですよ。
    批判しようと思ったらいくらでもできるんですよ。
    でも、それは何も生み出さないんです。
    他人を批判しても自分は何一つ成長しないんです。

    じゃー何ができるかといったら、
    自分が成長するために「工夫」するしかないんですよ。
    うまくなるために今の環境で何ができるか、
    死ぬほど頭を使って考えるしかないんです。

    その工夫の過程は絶対に楽しいし、
    目標ができれば練習にも積極的に取り組めるようになります。
    バスケだってうまくなるし、うまくなれば今まで以上に楽しくなります。
    嫌だったことも気にならないくらい楽しくなります。

    楽しくなったらもっとバスケが好きになります。
    バスケが好きになったらもっと練習したくなります。
    もっと練習したらもっとうまくなってもっと楽しくなります。
    もっと楽しくなったらもっとバスケが好きになります。

    ということなんです。

    まだ若いのに、バスケを嫌いになってほしくないなぁと思います。

  3. ぽっくん より:

    長々とありがとうございました。

    >どんな試合でも全力でやれってことじゃないっすか?
    >手を抜くのは失礼だろうと。

    それが理解できないんです。
    なぜ全力でやらなきゃいけないのか。
    なぜ失礼になるのか。
    その考えで行くとスタメンを下げて控え選手を出すのも失礼になるような気もします。
    温存とか、余力を残すことがまるで悪いことのように言われるのが理解できないん
    です。
    そもそも勝負なんですから、こちらがやりやすいようにやるのは当然だと思いますし。

    天下一武道会で悟空が予選から全力でやるでしょうか?
    ウサインボルトが予選から本気を出すでしょうか?
    どちらも強い相手の時こそ、決勝でこそ、本領を発揮すると思います。

    気軽に先生と意見交換できる雰囲気なら、ここに書き込んでないんですけどね。。。
    「はい」と「こんちはっす」しか言ってないような気がします。
    というか先生にはそれしか言えません。

  4. リーダー より:

    ぽっくんさんが言っている「全力でやらない」ということと、のーぶりーさんが言っている「全力でやれ」ということは、全力という言葉を使っているために相反していることのように聞こえますが、実はそうではないですよね。

    「全力」という言葉がいけないんです。意味が曖昧すぎる。

    「全力に見える動き」が果たして最高の結果を出しているのかといったら、決してそんなことは無いはずです。だって本当に「全力」でやったら、頭が働かなくなっちゃうので。短距離走ならそれでいいかもしれないけど、バスケでそれをやっちゃうとダメです。

    うちのチームでも力みまくっていつも同じプレーしかできない人が何人もいますよね(笑)しかもそうやって「全力」でやっているときは周りが見えていない。私もそうです。力んだプレーをすると周りが見えなくなります。

    一見、「全力でやっていないように見える動き」のほうが、余裕があっていいプレーをしていることが多いです。うちのチームでも全力でやっていないように見える選手が何人かいますよね。力みまくって動いている人より、彼らのほうがよいパフォーマンスをしています。

    彼らは「手を抜いている」のかといったら、そんなことはないわけです。そっちのほうがよいパフォーマンスができることを知っているからそうしているだけで、決して手を抜いているわけではない。一生懸命やっていますからね。

    ぽっくんさんが言う「全力でやらない」というのはこういうことですよね。

    のーぶりーさんが言いたいのは、「相手への敬意を忘れるな」ってことですね。勝負の場で、あからさまに手を抜いたプレーはするなということですね。それは当然「失礼」になります。

    失礼というのは、礼儀が欠けているということです。礼儀というのは、相手に敬意を表す作法のことです。お互いに敬意を持って接することで、気持ちよくバスケができるんです。

    明らかに手を抜かれて適当にプレーされたら、やられたほうは気持ちがいいものではないですよね。馬鹿にされていると感じるかもしれません。だからそういうことはやっちゃいけない。全力でやれ=相手への敬意を持って真剣勝負しろってことですね。

    で、「余力を残すこと」と「手を抜くこと」は違います。のーぶりーさんは手を抜くなと言っていますが、余力を残すことが悪いとは言っていません。私も余力を残すことが悪いことだとは思いません。むしろ過酷なトーナメントを勝ち進んでいくためには必要不可欠なことでしょう。

    と、まとめてみました。

    「雰囲気」というのは元々そこにあるものではなく、自分たちが作り出すものです。まずは先生との信頼関係を築くところから始めるといいのではないでしょうか。

    いきなり意見を言うことは無理でも、少しずつ話す回数を増やしていってみてはどうでしょう。何か質問したりしてもいいですし。そうやってコミュニケーションを重ねていって、双方向で意思の伝達ができるようになることが大切だと思います。

    いつも会話の少ない生徒たちが話しかけてくれたら先生も嬉しいと思うんですよね。

  5. ぽっくん より:

    >ぽっくんさんが言う「全力でやらない」というのはこういうことですよね

    そんな感じです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ