駆け引きのレベルを高くするために

日曜の夜の練習はギリギリ10人。ヤマザキは体育館には行ったものの、昼間の試合で疲れすぎていたので帰っていきました。オカムラくんが久しぶりに参加。練習には全然これてなかったですが、仕事終わってから走ったりしてたらしく(意識高い)、久しぶりの割に動けていたように思います。

ロケットイセ

駆け引きによる勝負が少ないなと練習中に思いました。たぶん、そういうプレーが少ないから、レベルが低いように感じてしまうのでしょう。シュートを決めることだけが目的になっていて、そこに相手の裏をかいてとか、相手が予測していないようなタイミングでとか、そういうのがあんまりないんです。ディフェンスも相手の動きを読んでやろうという意識が弱くて、ただ目の前の動きに反応しているだけです。次を考えて動くということがあまりできていません。

お互いに裏のかきあいをし続けるから、先の先まで読むようになって、駆け引きのレベルがどんどん高くなっていくんです。そして我々にとっては、そういう部分での進歩は試合で勝てるようになるために絶対に必要なことです。

ただシュートを決めるのではなくて、駆け引きに勝った上でシュートを決めたい。たとえシュートを決めたとしても、ディフェンスにその動きが全て読まれていたら「ダメだった」と思いたい。

日曜にはハニービーの試合もあるので、ぜひ今日の練習から意識してみてほしいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ